生産性を高める方法

不安を改善!心がスッキリして人生の質を高められる方法

不安を改善する方法

不安で不安で仕方ない。

こんな人は多いでしょう。

不安はうまいこと活用できればパフォーマンスを高めることもできるんですけど、あまりに不安が大きいと使う前に自分がストレスでぶっ倒れてしまいます。

なのでまずは不安を改善する方法を知りましょう。

この記事ではは不安を改善する方法について書いていきたいと思います。 

日本人の98%は不安症な性質を持っている

不安になりやすくてすぐに「自分はダメなやつだー。」と思ったりしてる人多いと思います。

ですがあなたが日本人なら気にしなくてOK。

日本人は遺伝レベルで不安を感じやすい性質があると言われてまして、なんと98%の人が不安症的性質を持ってるんだそうです。

むしろ日本人で不安をあまり感じないって人を探す方が難しいってことですね。

つまり毎日自信満々で生きてるように見えるできる上司とかもどこか別のところで不安を感じてたりするんですよ。

まず最初に「不安を感じまくってるのは自分だけじゃない」と知りましょう。

これだけでもなんか楽になりませんか?

これだけで終わるとこの記事ではの記事の意味があまりないので不安を改善していく方法も紹介しますね。

不安にも種類がある

まず不安と言っても大きく分けて2種類あります。

一つ目は漠然とした不安

「将来どうなるかわからん」っていう不安はすごく漠然としてますが、明らかに存在する不安です。

しかも漠然としてるだけ会ってなかなか解消されないんですよね。

こういう漠然と不安を改善していくには自分の不安耐性を上げていくのがいいでしょう。

不安に耐性がつけば今まで10感じていた不安が9になって7になり、5になっていきます。

0にはならないでしょうけど「まあまだ不安はあるけどなんとかなるっしょ。」って感じになることはできます。

2つ目は特定の物事に対しての不安

テストや受験、プレゼン、試合など特定のことに対しての不安はその時に起こりますよね。

そういった不安は方法さえ知っていれば本番直前に不安を減らすことも可能です。

特定の物事に対しての不安はパフォーマンスを落としミスに繋がりやすくなってしまうので、不安改善方法を知っておけばかなり変わってくるでしょう。

どちらにも効果的

ちなみに基本的に不安改善方法はこの2つどちらにも効果があります。

というのも不安改善方法を使えば直近の不安を改善できますし、継続していけば根本的に不安に強くなっていくことができるからです。

なのでまずは要所要所で不安を改善していきつつ、継続して不安耐性自体を底上げしていくといいでしょう。

 

不安を改善する方法

不安を改善していくことで悩みに使う体力と時間を減らすことができます。

その結果勉強や仕事など他のことができるようになるので不安改善をしっかりしていきましょう。

後ほど不安って実はメリットもあるんだよってことを書きます。

反芻思考をやめる

最終的に鬱の原因になったりもするぐらい面倒なこと。

反芻思考とは「俺はダメだ。」とか何回も考えちゃうことですね。

対策としては

  • 別のことに集中する
  • ストレスを減らす
  • 一旦棚上げしとく→あとで考える
  • 瞑想
  • 不安を紙に書き出す

このような方法があります。

一つずつ試していってみてください。

あわせて読みたい
本番に強くなる!当日に5%成績を向上させる超簡単な方法!ワーキングメモリーをフル活用せよ あなたは試験やプレゼンなどの本番では緊張と不安でいっぱいになりますか? 案外平気でいつも通りの成績を出すことができますか?...

不安は受け入れる

不安は受け入れると手っ取り早く不安感を減らすことができます。

不安を感じるとついその不安から目を背けてしまいがちですが、実は逆効果なんですよ。

これはしろくま理論って言いまして、「今からしろくまについては一切考えないでください。」と言われると余計にしろくまのことを考えてしまうことで証明されています。

不安症な人はつい不安を避けようとすることで余計に不安の元について考えまくってしまった結果不安が大きくなっていくんですね。

こういうときは「今自分は〜について不安を感じてるなー。」と受け入れましょう。

どんな分野でも有効でして受け入れてしまうとかなり楽になります。

サプリで不安を取り除く

不安を改善すると定評のサプリもあります。

サプリメントを摂ることに抵抗がない人は今から紹介するサプリメント摂取してみるのもいいでしょう。

時間がなくて不安対策の時間を作れないって人は食後にパッと不安を改善することができます。

リジン

マグネシウム

アシュワガンダ

ロディオラ

メラトニン

このメラトニンサプリはメラトニンが5mg含まれています。

それだけでも不安改善に効果があるんですけど、マグネシウム300mgとグリシン250mgも含まれてるんですね。

マグネシウムは不安を改善するというか不足すると不安が大きくなってしまいますし、睡眠の質が落ちてしまいます。

グリシンは寝る前に摂ることで睡眠の質を高めることができるんですよ。

なので寝る前にナイトレストを摂ることで一気に不安改善に向かうことができます。

ナイトレストを買うとマグネシウム単体のサプリはいらないかなーって感じしますね。

運動する

筋トレでも有酸素運動でも不安改善効果は同じぐらいなので、好きな方をやるといいでしょう。

個人的には筋トレがおすすめですが。筋トレをすると筋肉がついて見た目が変わってくるので環境が変わってくるんですよ。

もし上司とか周りの人が鬱陶しいことを言ってきてイライラや不安につながっている場合は特に効果的。

あなたが筋肉をつけてガタイ良くなって自信あるオーラ出してると無駄口叩いてこなくなるので、筋トレで不安の元をなくすことができるんですね。

また筋トレの不安解消効果は筋トレを継続しないと出てこないってわけじゃないようです。

確かに筋トレした後は気分もスッキリしてて不安減ってますからねー。

ツイッターとか見てると不安とかイライラだけじゃなく鬱になった人でも筋トレ始めたら改善した!って言ってることありますから。

働きすぎない

働きすぎは劇的にストレスを高めちゃうわけですが、結果として不安への扉も開きます。

仕事ってやればやるほど「もっと仕事やらないと!」って気持ち大きくなってしまうんですよね。

なので今仕事時間がめちゃくちゃ長い人はまず残業を1日30分でもいいので短くしていきましょう。

残業を少しでも減らす方法としては「マルチタスクがダメな8つの理由は?生産性・集中力が下がって必要な時間が増えるだけ!?」や「残業を減らす13の方法!これで夜の時間に余裕をもとう!」を参考にしてみてください。

テストステロンを高める

テストステロンを高めると不安を感じにくくなることがわかっています。

体感としてもテストステロンを高める方法をがっつり取り入れて、筋トレも始めたこと時期から漠然と色々な不安を感じることが減ってきたなーと思いますね。

今では小さなことに不安を感じることもなくコミュニケーション能力も改善しまして、たいていのことは不安感じなくなりました。

あわせて読みたい
テストステロンを高めれば集中力が上がる!集中力を一段高いレベルに持っていく方法最近どうも集中力だけじゃなくてやる気もでないし気分も良くないなーと言うあなた。 テストステロンが不足しているかもしれません。 ...

不安が起きたら考え方を変える

不安を不安のまま置いておくといつまでも不安です。

今からプレゼンをするとかで緊張して不安になってきたときは「よっしゃ!テンション上がってきた!」っと思い直すだけで効果あるんですよ。

というのも脳にとっては「不安」による脳の動きと「興奮」による脳の働きは同じなんですね。

なので自分の感じ方を少し変えるだけでも不安はかなり改善されます。

いきなりは難しいですけど不安を感じたとき毎回「テンション上がってきたぞー!」って思い直していれば、慣れてきたら不安の改善度が上がっていきます。

不安を活かす

不安は悪いことばかりじゃないんですよ。

不安という感情があるからいい方向に進めることができることもあります。

不安は正しい決断を下す

不安の感情が強い人は楽観的な人に比べると正しい決断を下すことができると言われています。

ポジティブで楽観的なのはいいことだと思われがちですが、短絡的なところもあるので物事をあまり深く考えずに決断してしまってミスすることも多いんですね。

以前書いた「「とりあえず行動する」ことで成長が加速する。時代の流れに追いつくにはまずは行動から。」では考えすぎずにさっさと行動しようって話をしましたが、不安な感情を使ってしっかり考えることで決断をミスらないこともできるということなんですね。

もしあなたがすごく楽観的な性格をしている場合は不安症の強い人を周りに置くことで決断ミスを減らすことができるでしょう。

逆にあなた自身不安傾向が強い場合は楽観的すぎる上司や同僚の決断をミスしないようにうまく話をもっていけるようにするといいですね。

裏の支配者って感じでかっこいいですね。

本番に強くなれる

集中力と警戒心が強いので、本番までに練習を繰り返すことになり本番で良い結果を出すことができると言われています。

確かに楽観的な人って学校のテストでも「まあこの記事ではは勉強したしいける!」とか言いつつあまり点数良くなかったりしますが、あれは楽観的すぎて実際はあまり勉強してないんですよね。

逆に不安症な人は「これだけの勉強で足りるかな?大丈夫か?」と不安になるので何度も復習することで成績を上げることができます。

本番でも危機回避能力を発揮して「あれ?これじゃダメか?んじゃあこっちに切り替えよう。」って感じでどんどん対処していくことができるので、楽観的な人よりも良い結果を出すことができるということになります。

不安は良い方向にも使えると意識する

不安にもメリットがあると考えているだけでモチベーションを高めることができます。

不安をネガティブなものだととらえているとそれだけでどんどんやる気なくなっていくし、モチベーション下がるし、ストレスも溜まるので良いことないんですよね。

それを単に考え方を変えるだけでも良い方向に使うことができるので、不安を感じたら「不安は悪いことじゃない。モチベ上げられるんだ。」と考え直しましょう。

最初は難しいかもしれませんが、毎回やってると慣れてきます。

不安が大きくなってしまう原因

不安が大きくなる原因は色々ありますが、ある程度決まっています。

  • 運動不足
  • 日光不足
  • 栄養不足
  • セロトニン
  • 睡眠不足
  • ストレス過多

この辺りは本当に不安を増大させるので、できる限り減らしていきましょう。

不安改善に効果が高いのは、運動・栄養・睡眠です。

睡眠をしっかりとるのはかなり効果的なんですが、睡眠時間を増やすのは難しいって人が多いでしょう。

なのでまずは睡眠の質を見直してみてください。

次に食事ですね。

食事は内容を変えるだけで時間が必要にはなりません。

その上効果が高いので栄養の見直しをしてみてください。

運動は時間が必要になってきます。

ですが睡眠の質と栄養の質を高めるとすでに日中の効率が劇的に上がることで時間に余裕ができてると思います。

そこでできた時間を運動に回しましょう。

そうすることでかなり不安を改善できますよ。

まとめ:不安の改善は時間がかかる。だから少しずつ確実に習慣化していこう。

不安の改善方法はその時1回でも効果があります。

ですが大きく効果を得たい場合は習慣化して続けていくしかないので、一気に全部を始めようとはせずに簡単にできそうなことから試してみてください。