生産性を高める方法

情報を断捨離しよう!無駄な情報を減らすことで得られる10の効果

最近疲れが取れない

時間に追われている

物忘れがひどい

眠れない

上記のような状態になってる人は「情報過多」な可能性があります。

あまりにも情報が多すぎるので脳が刺激されっぱなしで落ち着かないため疲れてしまうんですね。

脳が処理できる以上の情報量になってるから寝る直前でもフル回転せざるを得ないんです。

そういう場合効果的な方法は情報の断捨離です。

断捨離と言えばものがメインで考えられていますが、情報もどんどん断捨離していかないといけないんですよ。

この記事では情報の断捨離をするメリットややり方についてまとめています。

現代は情報量が多すぎる

 

現代の情報量は異常です。

僕たちが「1日で受ける情報量は江戸時代の1年分」と言われてるぐらいなんですよ。

やばいですよね。

ということは今僕たちは1年で江戸時代365年分の情報を受けていることになります。

江戸時代は265年しかないので、1年かからないうちに江戸時代終わりなんですよ。

本物の情報を見つけるのはめちゃくちゃ難しいです。

だからこそ情報の「シャワーを浴びろ」とホリエモンさんはいうのでしょう。

大量の情報を手に入れないと情報を見る目が磨かれないし、本物の情報も入ってこないと。

しかし、ただでさえ仕事で疲れている状態でシャワーみたいに情報を浴びると処理しきれなくなって本当に必要な情報すら見つけられなくなってしまいますよね。

情報量は半端なく増えたかもしれませんが、僕たち人間の脳はそんな早く進化していません。

1日に処理できる情報量は江戸時代の人たちと大差ないでしょう。

なのでまずは自分が”今”必要な情報以外を断捨離していく必要があります。

情報断捨離で得られる効果

 

情報の断捨離をすれば時間が増える

これは普段たくさんの情報を集めちゃってる人の場合圧倒的に時間が増えます。

忙しい忙しいと思ってたのはなんだったんだと思うぐらいに。

SNSとかネットニュース、LINEをしてたら數十分とか1時間以上経ってる人の場合は忙しい毎日がなくなるでしょう。

また情報源がたくさんあると「あのブログ更新されてるかも」と思って覗かないといけないのも時間が減ってしまう理由の一つです。

今はFeedlyを使えばまとめて更新情報を見れるので楽になりましたがそれでも必要ない情報まで見てしまう可能性は出てきますよね。

情報断捨離を行えば時間が増えもっと重要なことに回すことができるようになります。

受け身の情報を減らすことができる

自分から色々調べて手に入れる能動的な情報とは違い受動的な情報はほとんどが無駄です。

LINEニュースを見た結果何か変わりましたか?

テレビで情報を手に入れたら何か変わりましたか?

ほとんどの場合何も変わってないと思うんですね。

それがたとえ健康に関する番組であったとしても。

「なるほど!痩せるためにはこういう運動したらいいのか!」と思うものの挑戦しないことが90%以上でしょう。

受け身の情報が実際ためになることはほとんどないのでニュースやテレビで必要と言える情報はめちゃくちゃ少ないと言えます。

この受け身の情報を手に入れている時間を使って本を読んだり自分が知りたいことを調べて能動的な情報を手に入れましょう。

その方が圧倒的に成長することができますよ。

情報の断捨離でストレスを減らすことができる

処理しきれない情報は消えていくんじゃなくて脳内になんとなーく残っています。

そうなるといつもどこかで「あの情報もしっかり処理しないとなー。」という状態が続いて無駄な負荷を脳にかけることになるんですね。

結果無意識のうちにどんどんストレスをためてしまって疲れるだけなので気を付けましょう。

最近疲れが全然とれないというあなたは情報がキャパオーバーしているかもしれませんよ。

脳が休めるには情報断捨離がとても効果的

無駄な情報は脳を疲れさせます。

いらない情報を処理する・記憶する・なんとか使おうとするといった過程でどんどん脳のHPとMPは消費されていくんですね。

脳って何も考えてないぼーっとしているようなときでも実は色々情報を処理しているのでこの無駄な働きを減らすことでもっと自分にとって必要なことに脳を使えるようにもなります。

無駄な情報を断捨離すれば余計なHPMP使わないので脳が休まるようになるでしょう。

情報の断捨離で間違った情報に左右されにくくなる

ネット上には間違った情報がたくさん存在しています。

しかも流した側も間違ってると気づいていないからタチが悪い。汗

さらに悪いことに受け身の情報って鵜呑みにしやすいんですね。

自分から取りに行った情報は本当に欲しいのでこれで合ってるのか?とたくさん調べると思います。

しかし受け身の情報はパッと見ただけでインプットしてそれ以外の細かい情報が入ってこないので間違う可能性が高いんですよ。

実際調べ直してみると十年以上前の情報で今は科学的に真逆だったことがわかってるという場合も多々あります。

間違った情報は意味がないだけでなく周りに迷惑をかけることになりかねないので気を付けましょう。

重要な情報を目に入りやすくするには情報断捨離が手っ取り早い

受け身で必要のない情報を断捨離していけば自然と自分にとって必要な情報が目に入ることが増えていきます。

1000人の人がいると目的の人を見つけるのは難しいですが10人ならすぐ見つけられますよね。

仕事や勉強に直結したようなことも目に入りやすくなり生産性を高めたり新しいアイデアに繋がったりするんです。

無駄な情報をあまりにもたくさん脳に詰め込んでも脳はそこまで処理能力高くないので使えないんですよ。

処理できなかった大量の情報の中に本当は必要だったものもたくさん流れていっているはず。

必要性の高い情報を見逃さないように受け身で必要のない情報は断捨離していきましょう。

情報を減らすとマルチタスクが減る

人間の中でマルチタスクに向いている人は2%しかいないそうです。

その2%の人は自分がマルチタスクに向いていると気づいていないことが多いと思うので、今「俺マルチタスクめっちゃ得意やわー」とか思ってる人はほぼ間違いなくマルチタスクによって生産性を落としてるでしょう。

マルチタスクは生産性を40〜80%下げると言われてるのでメリットが何もないんですね。

めっちゃ忙しく作業してるように見えるのは単に生産性が下がった結果一つのことに時間がかかるようになっただけということです。

最近ではスマホやテレビを見ながら食事をしたり歩きスマホをしている人は多いですよね。

歩きスマホとか本当危ないですし最悪の場合命に関わることです。

これもスマホの情報に意識を持って行かれて現実の命の情報が軽くなってしまってるから起こることなんですね。

またスマホを見ながら食事をすると無意識に食事量が増えます。

結果太ることにもなるので気を付けましょう。

太ったらドーパミンの効き悪くなってやる気なくなってしまいますからね。

自分の時間を作ることができる

時間ができるということはその時間を自分の時間にすることができるということです。

今まで通り過ごしてると10分もぼーっとしてる時間なんてないという人も多いでしょう。

しかしぼーっとしてる時間や自分の中の考えに思考を巡らせるというのは頭の中を整理したり新しいアイデアを作るにはとても重要なことなんですよ。

忙しい忙しいと言ってる大半の人は情報断捨離をすれば割と時間を作ることができます。

試しに1週間だけSNSとテレビを完全にやめてみましょう。

びっくりするほど時間が余りますよ。

断捨離が仕事と勉強中の集中力を劇的に高めてくれる?ものを減らすことで得られる7つのこと

情報を減らすだけで肥満改善までできる!

スマホやテレビ、ゲームなどを使う時間が多ければ多いほど太りやすいようです。

これは仕事や勉強で使っていても同じ。

まあ動かない時間が増えるから消費カロリー減るし太りやすくなるのは当たり前だよねってことなんですが。

僕も一度デジタル断食をしようと思って休日にスマホ、パソコン、ゲーム、テレビを禁止したことがあります。

すると朝起きて1時間ほどしたらもうやることないんですよ。笑

なのでそこから暇だったので1時間以上ウォーキングに行ったり帰ってきて休憩した後は部屋の掃除をしたりしてました。

このように情報源となる機器を使う時間が制限されると思った以上に時間ができるので手持ち無沙汰になり自然と活動量が増えます。

そして肥満予防になりますし既にちょっとぽっちゃりしてしまってる場合はその時間を利用して運動すれば痩せるきっかけにもなるでしょう。

ダイエットすると集中力が高まる5つの理由。太ってるのってやる気もなくなるの知ってた?

最先端の情報を手に入れるのは至難の業

現代は情報過多の時代です。

半年ごとに情報量は倍になってると言われているぐらいです。

この時代においていかに情報を手に入れるかよりもどうすれば必要ない情報を無視できるかの方が大切になってくるんですね。

ちなみに専門誌の論文ベースで書かれているような記事でない限り情報は最先端ではないことが多いです。

最先端が常にベストの情報というわけではないですがさっきも行ったように実際にはもう効果を否定されている方法とかが平気で今になって書かれていたりするので気を付けましょう。

例えば勉強の場合は何回もテキストを読み返す復習をする時間があるなら時間を測って何度もテストをした方が効率よく勉強ができますが、実際に何度もテキストを読み返すこと!と言われることも多いですよね。

このように科学的には否定されつつあることもサラッと出てきちゃうのが問題だったりします。

情報断捨離のやり方

まずはあなたが断捨離できる情報源を見つけましょう。

断捨離できる情報源
  • メルマガ
  • SNS
  • YouTubeのチャンネル登録
  • テレビ(特にニュース)
  • 本(雑誌とか)
  • インターネット
  • 定額制のサービス(Amazonの読み放題、NetflixなどのVOD)
  • 大きなカバン

読んでても大して意味のないメルマガとかもはや読んでいないけど受信だけしてるメルマガや、ただただ時間があるからといって流してるだけのタイムラインは本当に無駄な情報源です。

必要か不必要か正確に判断していらないものは断捨離していきましょう。

メルマガ

最近読んでないメルマガは全て解除しましょう。

今読んでいても最近はあまり情報源として優秀じゃなくなってる場合も解除しましょう。

メルマガというのは無数に発行されています。

メルマガ登録した当初はあなたにとってすごくいい情報が多かったかもしれません。

ですがあなた自身が成長すればメルマガの内容が「当たり前」になっていきます。

当たり前の情報をさらに追加する意味はないので、そのメルマガは解除してOKです。

またメルマガの発行者も相当しっかり勉強を続けてる人でない限りだんだん同じ情報を言い換えただけのような内容になってきます。

「このネタ前も読んだな。」と感じたら無駄なじょうほう収集なので、さっさとメルマガ解除するといいでしょう。

SNS

現代で情報量が多くなりすぎるのはSNSが原因の一つです。

Twitter、Facebook、Instagram、その他諸々。

SNSはうまく活用すれば欲しい情報を欲しいだけ手に入れることができるので、とてもいいツールです。

ですが最近SNSに振り回されていませんか?

Twitterをを開いて自分ではどうしようもないネガティブな情報で落ち込み焦り、インスタの華やかな写真をみて自分との差にがくぜんとしていませんか?

少しでも上記のような感情に踊らされてあなたの生活が楽しくなくなってる場合は一度SNSから離れてみましょう。

実はSNSの利用時間が長ければ長いほどメンタルに不調が出てしまう可能性が高いと言われています。

まあ自分より圧倒的に楽しそうな人たちばかり見てるとそりゃしんどいですよね。

メンタル面への悪影響が大きいSNSはやばい順から

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • YouTube

となります。

YouTubeが一番マシなんですが、なんせ動画はみてるとすぐ時間が過ぎますし楽しいので睡眠時間を削りがちです。

気をつけましょう。

また、上記の4つのSNSをやめると驚くほど時間ができます。

忙しいと言ってたのが嘘かなというほどに。

暇すぎてまたSNSに戻りそうになりますので、その時間を別のことに使いましょう。

勉強、読書、副業なんでもありです。

ブログの閲覧

今ではRSSリーダーを使ってきになるブログをまとめてチェックできるようになってきました。

僕もFeedlyを利用して読みたいブログは全て登録しています。

そこでも情報をしっかり断捨離していきましょう。

最近読んでても面白くないブログは何年も読んでたとしても登録解除しておくといいです。

YouTubeのチャンネル登録

ブログやSNSと同じく多すぎるYouTubeチャンネルの登録は減らしましょう。

多くなりすぎると動画みるだけで1日が終わってしまいます。

動画は動きや声が入るので文章よりわかりやすい反面、同じ量の情報を手に入れるのに時間がかかります。

場合によって動画を見た方が深く理解できることもあるので一概に文章の方が手っ取り早いとは言えませんが。

テレビ

一人暮らしなど自分以外にテレビを見ない人は思い切ってテレビを捨ててみましょう。

案外問題なく生活できます。

ニュースの大半はネガティブな情報です。

ネガティブな情報は見ただけであなたもネガティブな気持ちになってしまうのでできる限り避けたほうがいいでしょう。

バラエティや映画、ドラマなど楽しいものはたくさんありますが、現代ではネットのサービスでほぼ代替できるんですよね。

テレビからのネガティブな情報を取り入れてるぐらいならNetflixで面白いもの見てる方がよっぽどいいです。

本も不必要なものは断捨離していきましょう。

今まで購入した雑誌とかもったい感はすごくあるんですが、残しとく意味ないですよね。

いつかまた読むかも。

とか思うかもしれませんが、基本的に雑誌は流行の元を乗り扱ってます。

特にファッション誌なんかは1年もすれば流行遅れですよね。

ファッションが好きな人はファッション誌を購入するでしょうが、残しててももう読まない可能性の方が高いので1年以上開いてないものは捨てていきましょう。

部屋に残してるだけでも脳には情報として残り続けてしまいます。

ほんの少しでも不必要な情報は断捨離するといいですよ。

インターネット

スマホの普及によっていつでもどこでもネットサーフィンできるようになりました。

ガラケーの時とは桁違いに使いやすいですよね。

ですがその使いやすさがあだになってるところもあります。

何も考えずネットサーフィンをすることで不必要な情報ばかり目に入ってしまうからです。

不必要な情報も目から入ってくると脳が「この情報は必要か不必要か?」の判断に迫られます。

ぼーっと眺めてるだけの情報なので当然ほぼ100%不必要なんですよね。

そしてこれは必要ない情報!と脳が判断するのにも脳内のリソースとエネルギーは使われてしまいます。

無駄に疲れるだけになるので、空き時間に意味もなくネットサーフィンするのはやめたいですね。

定額制のサービス(Amazonの読み放題、NetflixなどのVOD)

定額制のサービス全部使い切れてますか?

最近は定額で見放題・使い放題のサービス増えましたよね。

僕もいくつか登録してます。

今は5つぐらいですが以前は10ぐらい登録してたんですよ。

ですがどう頑張っても10もあると使いきれないんですよね。

特にVODを複数登録してても全てを使いこなせるほど時間がある人はあまり多くないと思います。

「あれも見ないとな。これも見ないと。お金もったいない!」ってなって定額サービスに踊らされるぐらいならとりあえず一つ解約してみてください。

かなり情報量を減らすことができ、気持ちに余裕が生まれますよ。

大きなカバン

大きなカバンは小さなカバンに変えた方がいいです。

そのほうがカバン内の情報量が減るんですね。

大きなカバン持ってる人って中に大量に物が入っててどこに何が入ってるかわからなくなってるときあるんですよね。

これは情報を処理しきれていない証拠でもあります。

もしくは大きなカバンを持ってるのに忘れ物をしてるのも、思考が追いついてない結果家に置いてきてしまっているんです。

カバンを小さくすれば、

  • どこに何を入れればいいか考える必要が減る
  • どこに何を入れたか覚えておく必要が減る

という2つの点で確実に情報を断捨離することができます。

まとめ:情報の断捨離は情報社会だからこそめっちゃ重要!

情報過多の今の時代「そもそもどの情報を断捨離すればいいのかわからない!」ということもありますが、最近読んでないメルマガやただ暇つぶしに読んでる芸能ニュースなんかは断捨離対象にしましょう。

そこから少しずつ「ここから得てる情報は全然活用してないな。」と思えることがあればどんどん切っていけばOKです。

本当に必要なら一旦切ってもまた必要になった戻ってきますからね。

少しずつ情報の断捨離をして余裕を持っていきましょう。