生産性を高める方法

パブリックコミットメント。周りに宣言して一気にも目標達成率を高めよう!

目標設定したもののなぜか達成できない。

もしかしてその目標は周りには秘密にしてるんじゃないでしょうか。

それだと目標達成率は下がってしまいます。

周りに公言してしまいましょう。

公言することを「パブリックコミットメント」というんですが、これが目標達成率を劇的に高める効果を発揮してくれます。

この記事ではパブリックコミットメントに効果がある理由と効果を高める方法についてまとめています。

パブリックコミットメントとは

 

パブリックコミットメントとは
公性のある発言。その発言・宣言には自己拘束力(束縛力)がある。自分の意志から発言したこと、自分の意志で宣言したと思い込んでいること、それには一貫性の原理というものがあり、宣言したことがウソにならないよう保とうとする。禁煙宣言する際にも、自己の内面に約束(私的約束)するのか、友達、家族、医師、メディアに約束(公的約束)するのかでは、意志の保たれ方(意志の強度)が異なる。

はてな

難しく書いてますが「みんなに目標を言っちゃってやめられなくしちゃおう!」ってことですね。

背水の陣を敷くとか退路を断つって感じに似てると思います。

後者の方がさらに切羽詰まってる感はありますが、パブリックコミットメントも失敗ばかりすれば周りからの信頼を失うので割と近い状態ではありますね。

 

周囲の人に目標を宣言すると目標達成率があがる

 

パブリックコミットメントであなたがやることは友人や同僚、家族に目標を公言するだけです。

やること自体はめちゃくちゃ簡単ですよね。

ですがどのように公言するかによって目標達成率が全然違ってくるのでパブリックコミットメントのやり方を知っておきましょう。

 

公言すると応援してもらえるようになる

 

パブリックコミットメントをすると周りの人たちが味方になります。

資格を取るために朝早く会社に行ってデスクで勉強してるとしましょう。

周りに公言してなくてもバレますが先に言っておくことで始業時間までは話しかけられなくなるでしょう。

それに周りから「その資格むずいけどお前ならいける!頑張れよ!」って言われたらモチベーション上がりますよね。

 

どのように達成するか考える

 

パブリックコミットメントは目標を公言します

ですが口だけのやつにならないよう気をつけましょう。

というのも人は想像しただけで満足してしまう性質があります。

脳は想像と現実の違いを理解できないので、公言で脳はもうすでにやったと思い込んでしまうんですよ。

これはどの目標でもそうです。

よく「達成した後のイメージをしよう」って言われますけど、ここで終わるとむしろ失敗してしまうことに。

その後実際にどう行動するかまで想像しないといけないんですね。

 

パブリックコミットメントは周りにもわかる目標にする

 

周りにもわかる目標を公言するようにしましょう。

自分以外判断できないパブリックコミットメントをしても「見えてないから大丈夫」ってなっちゃってサボる可能性があります。

たとえば「毎日ジョギングをする」と決めたら会社や学校から走って帰るとか。

それは面倒なら家族に公言しておいて毎日決まった時間に走りに行くといいでしょう。

勉強は会社でしたり、リビングですれば実際に勉強してるのがわかりますよね。

 

SNSを利用する

 

SNSで公言するのも効果がありです。

場合によっては写真を載っけて証拠にするのもありですね。

位置情報はオフにしときましょう。

ちなみにツイッターでは#今日の積み上げで今日やったことややることをみんなが共有してるので、自分も参加しつつ周りの積み上げをみてモチベーション維持に使うといいですね。

僕も使ってます。

SNSを利用することで早起きみたいな自分と家族ぐらいしか成功してるか判断できない目標でもしっかりとパブリックコミットメントの効果を発揮できるんですね。

毎日の掃除とか断捨離とか早寝早起きみたいな周りに見えにくい目標はSNSで公言してみてください。

 

目標設定は達成率50%ぐらいにする

 

簡単すぎるのも難しすぎるのもやる気がなくなってしまう。

50〜60%ぐらいで目標達成できるかなと思われる目標を公言するとさらに達成可能性を高めることができるでしょう。

50%といってもよくわからないと思います。

なのでだいたい2日に1回ぐらいはできるんだけどなーという感じの目標を公言すればOKです。

3日に1回しかできないことの場合はもう少し目標を小さくしてから挑みましょう。

例えば「ジョギングをする」という目標は運動不足で慣れてないからきつい。

結果週2日ほどしか上手くいかなかった。

となると目標設定を変更します。

まずはウォーキングから始める。

そうすれば2日に1回はできるようになるんじゃないでしょうか。

こういうレベルの目標を公言すればさらに達成率をあげることができます。

毎日ウォーキングできるようになった今度はジョギングするのを公言してみるといいですね。

 

まとめ:パブリックコミットメントを有効活用して目標を達成しまくろう!

 

パブリックコミットメントは上手く使っていけばどんどん目標を達成できるようになります。

目標達成を続けていけばその先には自分が理想としている未来があるはずなので、フル活用していってください。