勉強

リビングで勉強するデメリットは?ダメなところを対策してメリットを得よう!

リビングで勉強するデメリット

リビングで勉強するのってどうなん?

全然集中できなさそう。

こう思ってる人は多そうですね。

ところが東大生の83%はリビングで勉強していたというぐらいうまくリビングを使えれば勉強にはうってつけの場所なんですね。

この記事ではリビングで勉強するデメリットについて実際にリビングを学生時代は勉強、今は仕事で使ってる経験からまとめています。

デメリットを知って対策することでメリットをたくさん得ることができるので知っておいて損はないですよ。

リビングで勉強するデメリット

リビングで勉強をするのにはデメリットもあります。

ただし基本的に対策可能なことばかりなのでデメリットを知った上で対策していきましょう。

リビングで勉強するメリットについては「リビングで勉強するメリット。できる人はあえてリビングで学習してる!」にまとめてますので合わせて読んでみてください。

ではリビングで勉強するデメリットをみていきましょう。

 

家族がテレビを見づらい

リビングで勉強をしてる人がいると家族は気をつかってしまいがちです。

テレビとからやっぱりみにくくなるんですよね。

たしかに小さい子どもに勉強してもらうときはテレビつけない方がいいでしょう。

子どもはまだ勉強に対しての集中力がないので、テレビをつけていれば集中できなくなったしまいます。

ですが中学生以降なら「映画を爆音でみる」とかでなければ問題ないと思います。

小学生の頃より自制心が鍛えられていますし、あえてテレビつけっぱなしのところで勉強することで集中力を鍛えることができます。

 

家族に話しかけられる

多くの家族はリビングで勉強してるという状況には無関心です。

なのでこちらががっつり勉強していようが関係なくガンガン話しかけてくることはありますね。

今日の夕飯の話とかテレビの話とか職場であった出来事とか。

普段なら気にしないことですが、「なんで今そんな話で話しかけてくるねん!」って思っちゃうこともしばしば。

勉強中は話しかけないルールをお互いで確認しておきましょう。

どうしても勉強中なのを理解してくれないという場合は別の勉強場所を探しましょう。

あわせて読みたい
勉強場所に困ってる?使いやすいにオススメの場所を15箇所紹介!勉強をするにはとりあえず勉強用具さえあればできますよね。 でもがっつり集中して効率的に勉強するには集中できる場所は必要になってきま...

 

リビングの机が汚れる

リビングで勉強すると消しゴムのカスが散らかります。

これは掃除すればいいので大したことないんですか、机に蛍光ペンやマジックがついたゃうときあるんですよね。

リビングのテーブルに高価なものを使ってる場合は気になるでしょう。

ただリビングなんか家族みんなで使うので汚れるのは仕方ないかなと思います。

 

勉強道具を片付けてくれない

面倒なのは勉強用具を片付けてくれなくなることです。

「毎日ここで宿題やるからいいやん。」ってなるんですけど、めちゃくちゃ邪魔なんですよね。

対策としてはリビングにスペースが余ってる場合は勉強机をリビングに置くといいでしょう。

机1個分のスペースがない場合は、本棚だけでも買ってそこに勉強用具全部片付けるようにすれば多少片付きます。

 

集中できない人もいる

周りに人がいると集中しにくい人もいます。

内向的な性格の人は一人で静かなところにいると集中力を発揮できるので、正確に合わせて勉強場所を選びましょう。

もしリビングで勉強してる様子をみて落ち着かないようならリビング内で勉強する場所を変えるか部屋で勉強するのもありですね。

僕はリビングで勉強や仕事をしますが、後ろから視線があると集中力がなくなります。
なので後ろに壁がある場所で作業するようにしてますね。

 

子どもを怒ってしまいがち

子どもが勉強してるときっていろいろ気になると思うんですね。

  • なかなか勉強を始めない
  • 勉強中の姿勢が悪い
  • 字が下手

などなど。

でもここで怒ってしまうと子どもは一気にやる気かなくなるので気をつけましょう。

姿勢が悪いなら怒るのではなく、提案しましょう。

 

照明が必要

リビングの照明の角度によってかなり勉強しづらいです。

またリビングの照明だと勉強に集中する明るさに足りていない場合があるんですね。

勉強用にスタンドライト使いましょう。

かなり集中力に差が出てくるので、照明を変えるのはとても大切です。

 

椅子や机の高さが合っていない

自室の机や椅子と違ってリビングのテーブルでは高さ調整が難しいです。

すでに机があるでしょうし買い換えるわけにもいきませんよね。

机と椅子の高さがあっていないと集中力が激減しますし、姿勢も悪くなりがちです。

座布団を使ったりして高さはしっかり調整しましょう。

 

リビングの勉強環境を常に改善していこう

リビングで効率よく勉強をするには常に改善が必要です。

リビング学習のデメリット部分を放置しているとなかなか勉強できる環境が整わないので、家族の協力の元でしっかり整えていきましょう。

 

まとめ:リビングで勉強するデメリットは対策できる!快適な勉強環境を作って学力アップしよう!

デメリットの大半は対策できます。

対策さえできれば残るはメリットばかりなので少しずつ改善してリビングに心地よい勉強環境を作っていきましょう。