食事

砂糖制限実際にやってみました。~1日中途切れない圧倒的な集中力を手に入れるために~

前回記事で砂糖断ちをすることで日中の集中力はめちゃくちゃ高まるよ。

というか集中力を維持するのに糖分は摂らなくていいよ。ということを書きました。

しかし僕自身今はそこまで砂糖制限できていないんですね。

以前砂糖制限したことはあるんですがいつの間にか元に戻ってました。

なのでもう一度実際に砂糖制限をしてその記録と得られた効果について書いていこうと思います。

この記事は僕の砂糖制限の全記録となります。

スポンサーリンク

砂糖制限始めてみることに

砂糖断ちに関しての記事を書いたので自分でもやってみないとダメだろうということで砂糖制限をすることにしました。

今の時点でも砂糖の入ってるものに関しては多少意識しているんですけど砂糖断ちをしている人に比べたら全然食べまくってますね。

ジュースは飲んでるしお酒も飲むしお菓子も食べてるしパンも食べてるというのが現状です。

そういえば最近肌質良くないかもしれないです。

僕の場合真っ先に肌質として現れるんですよね。

日中なんとなくだるさがあるのも砂糖が一部原因かもしれないとか思ったり。

この記事では砂糖制限をしている間の全記録を定期的に更新していこうと思います。

あまりにも長くなる場合は記事が分裂する可能性はありますが。

以前一回砂糖断ちをいっきに行ったものの1か月ぐらいでいつの間にかフェードアウトする形で終わってたので、今回は徐々に減らして基本的には砂糖の入ったものを摂らない段階まで進めたいと思っています。

砂糖断ちと集中力はものすごく深い関係があるんですがその関係については別記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
勉強の集中力を高めるのに甘いものはいらない!砂糖断ちで圧倒的な集中力を手に入れる理由 集中して勉強や仕事をするには糖分が必要だ! だから夕方にジュース飲んだりチョコとかのお菓子食べたりしていませんか? ...

砂糖制限第一段階。平日のジュース禁止

手始めとしては月~金曜のジュースを禁止していこうと思います。

炭酸飲料や甘めのコーヒーなどを飲んでいることがあるのでまずはそこを減らすのがいいかなと思いました。

ジュースは砂糖だけでなく果糖液糖ブドウ糖とか色々含まれている上、がすでに液体なのでGI値が高くて血糖値が乱高下しやすいんですよね。

夕食後に飲むことが多いのでしっかりと噛んで食事することでのどの渇きを減らします。

食後に水分を摂りすぎると胃酸が中和されて消化が遅くなり胃への負担が大きくなるとも言われているのでこれも気を付けたいところですね。

胃腸の負担はダイレクトに疲労につながりますからね。

まずは平日のジュース禁止を習慣化していきます。

平日のジュースをやめて砂糖摂取量を減らした効果

とりあえず平日にジュースと甘いコーヒーをやめました。

平日って仕事してるので夕食後さえ気をつけていれば結構簡単に砂糖断ちできましたね。

効果としては

  • 日中の眠気が減った
  • 集中力上がった
  • 休憩時間減った
  • 体重減った

この辺りですね。

日中に眠気が減ったことで当然ながら集中力が高まりまして楽に仕事を進めることができるようになりました。

あと眠くないし疲れにくいので休憩時間を長く取る必要もなくなり、仕事や趣味に使える時間が増えましたね。

そして平日のジュースと甘いコーヒーをやめたことで体重が2kg程度減少。

まあ当然っちゃ当然なんですが、太ってるとドーパミンの分泌が減ってしまってやる気の低下につながるので嬉しい限りです。

砂糖制限第二段階。ジュースのほぼ完全禁止

平日のジュース類を禁止してから3週間経ったので次の段階に移ることにします。

集中力が劇的に上がった!とかの変化はわかりませんが、ジュースを飲むのにコップを出してきたり買ったりする時間が浮いたこととジュースを飲むと休憩って感じになって無駄に時間を使った分が減りましたね。

土日はジュース解禁していた結果月曜が辛い日が多いのでジュース制限の効果はあったのだと思います。

今度はどこに土日も禁止して基本的にはジュース類禁止にしていきます。

外食の回数が少ないのでそのときぐらいはありにしようと思ってますが、一応全面禁止となるとハードルが高くなると思うので7,8月ぐらいを予定しています。

ジュースをほぼ完全に禁止したことの効果

砂糖制限第二段階としてジュースをほぼ禁止にしました。

ジュースを飲んでもいいのは友人と飲みに行ったときとか外食時のみです。

普段から外食にも月1ぐらいしか行かないのでまあいいでしょうと。

  • 最初の効果が若干上がった
  • 体重が少しだけ減った

今回はすでに7割程度ジュースを減らしていたので、そこまで劇的な変化を見ることはできませんでした。

眠気もさらに減り、だるさも減ったので生産性も上がったんですが、最初ほどではないです。

体重も0,5kgぐらい減っただけですね。

と言っても飲み物からの砂糖をやめるだけで2,5kg体重が減ったと考えればかなりの効果なんじゃないでしょうか。

砂糖制限第三段階。菓子パンをやめる

菓子パンがかなり甘いのからわかるようにたくさん砂糖が使われています。

例えばメロンパン。

ものによっては小さい砂糖の塊が表面にまぶされたりしててかなりの砂糖量なんですよ。

ジュースと菓子パンをやめるだけでかなりの砂糖を減らすことができるでしょう。

砂糖制限中に甘いものが食べたい!そんな時はどうすればいい?

ジュースとか菓子パンなどん甘いものをやめても「だめだ!どうしても甘いもの食いたい!」ってときあると思います。

そんなときはバナナを代わりに食べましょう。

バナナは栄養素が豊富ですし、やる気を高めるドーパミンを増やす働きもあるので、仕事や勉強中の間食としてはおすすめです。

あわせて読みたい
バナナで集中力が高まる!ドーパミンとテストステロンを増やして集中力爆発させよう! バナナ好きですか? もしあなたがバナナ好きならやる気と集中力を高めるためにめちゃくちゃいいんですよ! バナナと集中力関係あん...

まとめ:砂糖の摂取量は少なければ少ないほど良い。集中力を高めたいなら砂糖断ちは劇的な効果を発揮してくれる。

砂糖断ちの効果は絶大でして、集中力が欲しいなら砂糖をやめるといいでしょう。

集中力を高めるにはいろんなテクニックがありますが、砂糖制限をすれば集中力をベースから高めることができるんですね。

他にも砂糖制限には他にも色々効果があるので、「勉強の集中力を高めるのに甘いものはいらない!砂糖断ちで圧倒的な集中力を手に入れる理由」を読んでみてください。