集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

在宅ワークのメリットは?知ってほしい12の良いこと!

   


 

 

家で仕事したい!

こう思ってる人は多いと思います。

 

家で仕事って憧れますよね。

わざわざ勤務先の会社に行かずとも仕事ができるというのはいい響きです。

 

今回は在宅ワークのメリットについて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

在宅ワークのメリット

 

移動する時間が必要ない

 

 

家で仕事をするとなると毎日の通勤時間がなくなります。

起きてそのまま仕事を始めることも可能です。

 

毎日往復1時間通勤に使っているとすれば1ケ月で20時間以上ありますよね。

その時間を睡眠に使ったり他の何かに使うことができるようになるのはめちゃくちゃ大きいです。

 

勉強に使うこともできますし、朝30分早く仕事を始めることで夜も30分早く終えることができたり。

 

 

 

満員電車に乗らなくていい

 

 

朝の混みっ混みの電車に乗らなくてよくなります。

満員電車って乗るだけで疲れますよね。

 

実は満員電車の中では周りに迷惑かけないとかできるだけ楽に乗る方法とか無意識で考えちゃうので意志力を消耗してしまって、会社についた時点ではかなり疲れてるんですね。

この意志力の消耗が思ってる以上にもったいないことで満員電車での意志力を消耗するかしないかでその日の生産性が全然違ってきます。

 

もし在宅ワークが可能なら週に何度かでもできないか試してみましょう。

 

 

満員電車のストレスから逃れる7つの方法

 

 

無駄な時間が減る

 

 

仕事に関する時間を自分の工夫次第でかなり切りつめることもできます。

仕事内容によってはアポもないので移動時間ないですし、会議もありません。

 

ときどき雑談をしてコミュニケーションをとるのは大切なことですが、必要以上に多い飲み会などの無駄は全くといってないのが大きなメリットですね。

 

 

愚痴を聞くのがストレスの原因?疲れをためない7つの方法

 

 

安上がり

 

 

在宅ワークは安上がりです。

食費は自炊になるのでコンビニとか外食で済ませるより1回が安くなります。

 

毎日同じメニューになったりしますが、それは外食でもあまり変わりはないでしょう。

家から出ないとなるとちょっとしたおしゃれも必要ないのでワックスやヘアスプレー、女性なら化粧もしなくてよくなります。

 

駅までの移動手段として自転車とか車を買わなくてもいいのでかなり安くできますね。

 

 

 

仕事量を(ある程度)調整できる

 

 

自分で予定していた分の仕事が終わればその日の仕事は終わりです。

なので内容次第では月の始まりに予定を立ててぶわーっと仕事を終わらせて最後の1週間ぐらい旅行にでかけるということも可能なんですね。

 

1日単位の仕事量も調整できますが1ケ月単位も調整できるのは良いところですね。

社会人になると1週間の旅行なんてほとんどできる機会ないですよね。

 

年末年始とか高いですし。汗

ですが在宅ワークだとそれが比較的簡単に実現できるわけです。

 

 

 

体調不良への対応がめちゃくちゃ楽

 

 

会社勤めだとちょっとした風邪なら出社して更に悪化とかありますよね。

これだと余計に効率が悪くなってしまいますが、あまり休んでもいられないというのもあって出社するしかありません。

 

ですが在宅ならすぐに休めるんですね。

風邪で熱が出たりしてたらその日は休んで次の日に備えることができます。

 

その方が体調不良で効率の下がった状態で仕事するよりも効率よく仕事できるので体調不良になったとき簡単に仕事量を調整できるのはいいことですね。

また自分の体調だけでなく家族の体調が悪くなったときにも大きなメリットとなります。

 

 

 

途中で寝れる

 

 

昼休みが終わった頃にめちゃくちゃ眠くなる日ってありますよね。

昼食を工夫すれば眠気自体はかなりマシになるんですがそれでも眠い日は眠いわけです。

 

この時間帯はたいていの人があまり仕事はかどらないと思うんですよ。

在宅ワークならこのタイミングで1回昼寝をして体力と意志力を回復させることができます。

 

最近は昼寝しても良くなった会社が出てきていますがやはり周りの目が気になって寝れない人とかもいるでしょう。

そんなことを気にせずいつでも寝れるというのも在宅ワークのメリットです。

 

眠気を感じながら仕事するとか効率悪すぎますからね。

 

 

 

途中で筋トレできる

 

 

いつでも運動できるというのもかなりいいことなんじゃないでしょうか。

会社勤めでデスクワークになってからどんどんお腹が出てきてるという人も多いと思います。

 

そんなときには食生活を正しつつ運動したところなんですが、仕事帰りの時間に運動するのって結構きついですよね。

家で仕事をしていると自分の好きなタイミングでトレーニングできるので太る心配や運動不足が原因で起こる病気にかかる可能性を激減させることができます。

 

僕の場合は昼食前に筋トレしてから飯→昼寝って感じですね。

 

 

 

在宅ワークはどこでもできる

 

 

在宅ワークで何をしているかにもよりますがパソコン1台で仕事できる場合も多いです。

なのでちょっと家での仕事がダレてきた日はカフェで作業するとか、旅行先で仕事するというのも可能なわけです。

 

年末年始の帰省時でも仕事できるので、うまくスケジュールを組むことができれば遊びを楽しみながら仕事することも実現できるんですね。

 

 

 

家事や育児との両立が比較的楽

 

 

朝バタバタっと用意して帰ってきてから山盛りの洗濯物を干したり掃除や料理をするのって辛いですよね。

小さい子どもがいる場合は保育園や幼稚園に預けることになると思うので迎えとかもあって更に大変です。

 

家で仕事をしていると仕事をしてる間に洗濯機を回しておいたり、休憩がてら家事ができるのでかなり時短になって楽になりますね。

家にいつでもいるので育児も少しだけ楽になるでしょう。

 

ただオンとオフのメリハリをつけにくいという難点があるので徐々に工夫していく必要があります。

 

 

 

恋人が転勤になっても問題なし

 

 

パートナーが急に「〇〇に転勤になってさ」って話をしてきても在宅ワークの大きなメリットとして「どこでもできる」ということがあるので問題ありません。

まあ実際一緒に転勤先に行くかどうかは別として引っ越ししても仕事に問題はないという選択肢を持てるだけでも大きいんじゃないでしょうか。

 

会社勤めだと簡単に遠くだと引っ越しできませんからね。汗

 

 

 

休みが比較的自由

 

 

フリーで働いている場合は比較的休みも自由にとることができます。

風邪のときは後でしわ寄せが来ますがしっかり休むこともできますし、計画的に早く仕事を終わらせれば残りの日で旅行に出かけたりもできるんですね。

 

たとえば1ケ月週休2日で仕事するとしましょう。

最初の22日ほどでぶわーっと仕事を終わらせて残りの1週間ほど旅行に出かける、なんてことも誰にも文句言われずにできるわけです。

 

これは在宅ワークじゃないと仕事してる間はなかなかできることじゃないですよね。

 

 

 

まとめ

 

 

在宅ワークのメリットはめちゃくちゃ大きいと思います。

ただしデメリットが皆無というわけではないので、デメリットを知った上でそのデメリットよりもメリットの方が大きいのか?デメリットも工夫次第で減らすことが出来そうか?ということを考えて在宅ワークを視野に入れてみてください。

 

行き当たりばったりで始めると痛い目に合うこともありますからね。汗

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 集中力