集中力

筋トレが集中力を爆上げする秘訣!?仕事や勉強の生産性をアップしたい人は筋肉鍛えよう!

 

最近集中力全然ないなー。

やっぱ年取ったからかな?

 

年取ったら集中力が下がるわけではなく実はあなたには筋トレが不足しているのかもしれません。

正直集中力が足りない人は筋トレ不足と言っても過言ではないように思います。

 

筋トレ始めたらもれなく勉強や仕事の集中力も上がりますからね。

今回は筋トレをすることで勉強・仕事の集中力が上がる理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

筋トレをすると仕事や勉強の集中力まで上がる理由

 

筋トレをやっていると勉強や仕事の集中力まで増していくのは色々な理由があります。

 

それも筋トレした当日から効いてくるものやじわじわと集中力を底上げしていってくれるようなものもあるので集中力を上げるために筋トレの習慣化をするのもいいんじゃないでしょうか。

 

きつめのトレーニングはBDNFを増やす

 

少しきつめ〜きついトレーニングは頭を良くするタンパク質と言われるBDNFを増やしてくれます。

 

BDNF自体は他にもいろんな方法で増えるんですが、筋トレもかなり効果的なんですね。

 

コツは少しきつめで筋トレすること。

 

普段筋トレしてない人なら最初はダンベルとかなしでスクワットするだけで結構きついと思います。

 

常にきつめの負荷で筋トレする習慣をつけて体の中から頭の良い状態を作っていきましょう。

 

 

頭が良くなるタンパク質BDNFを増やす6つの方法。複雑な動きが人を賢者にする

 

 

無駄な食欲が抑えられ、集中力が安定する

 

仕事や勉強をしていると微妙な時間についつい間食してしまうということがあります。

 

この食欲は残念ながら偽物なんですよ。

 

たまたま忙しくなって放っておいたらといつのまにか空腹感は消えてますよね。

 

と言ってもただただ消えるのを待つのは辛いと思うのでそんな時に筋トレ。

 

筋トレは食欲を抑える効果があるので、無駄な間食→血糖値の乱高下によるだるさや眠気の発生を抑えることができます。

 

 

少食で得られる9のメリット!眠気飛ぶし睡眠時間減るしでいいこと多い!

 

 

脳の血流が良くなる

 

筋トレは血流を良くしてくれます。

 

これは筋トレをやってみると中身が見えなくてもすぐにわかるでしょう。

 

そして血流が良くなってるのは筋トレしてる部位だけじゃなく、全身しっかりと血流が良くなっているんです。当然脳も。

 

血流が良くなれば必要な栄養素や酸素が行き渡りやすくなりますよね。

 

勉強や仕事でどうも頭が働かなくて集中力に欠けるときは酸欠状態だったり脳の栄養不足だったりするので、筋トレしてがっつり酸素と栄養素を送り届けられる環境を作りましょう。

 

 

テストステロンが増える

 

周りになんか行動力と集中力が半端ない人いませんか?

 

そういう人は男性ホルモンであるテストステロンの分泌が高いと言われています。

 

できる社員や社長に多いようです。

 

あ、ちなみに男性ホルモンって言いますけどやる気と集中力に関しては女性でも同じことが言えます。

 

逆にテストステロン値が低いとやる気が出にくかったり、鬱っぽくなってしまいます。

 

筋肉量が増えれば増えるほどテストステロンの分泌が高まるので自然とやる気が増し、集中力を発揮できるようになるでしょう。

 

 

テストステロンを高めれば集中力が上がる!集中力を一段高いレベルに持っていく方法

 

 

睡眠の質が上がる

 

筋トレをすることで程よい疲労感を得られるので睡眠の質が高まります。

 

睡眠の質が高まると筋トレで傷ついた筋肉を回復させる以上に精神的にも身体的にも回復するので次の日以降の集中力ややる気が高まり生産性がいい感じにアップするんですよね。

 

筋トレを習慣的にやっていて1週間ほどできない期間があるとものすごく感じる部分ですね。

 

筋トレやってた時はぐっすりだったのに眠れない!ってなるんですよ。

 

でも良く考えたら筋トレしてなかった時は寝付くのに30分以上かかったりするのが当たり前だったのでかなり睡眠の質が上がってるんだなと実感させられたりもします。

 

しっかりと睡眠を取れているかどうかはやる気と集中力にものすごい効果を発揮するので筋トレの睡眠の質アップは見逃せないですね。

 

 

 

ストレス解消できる

 

筋トレだけでなく運動全般に言えることなんですが、体を動かすことのストレス解消効果は結構すごいんです。

 

この感覚は軽〜い筋トレをするよりもきつめの筋トレをした時の方が感じますね。

 

スクワットした後の下半身の疲労感とは裏腹に精神的にはすげーリフレッシュしてて「よっしゃ!こっからもう一仕事行くか。」ってなります。

 

あ、ちなみに本気で追い込んでも「もう立てない。」ってぐらいまでやると疲れきって何もやる気にならないので気をつけましょう。笑

 

ストレス解消方法って色々あるんですけど、読書についで運動のストレス解消効果は高いんです。

 

もしストレス解消のためにと思ってテレビやゲームに時間を使ってるなら筋トレした方が圧倒的に解消できますよ。

 

 

 

筋トレで鍛えられた集中力は勉強・仕事にも応用が効く

 

筋トレって集中しないと危険なんですよ。

 

自分より重いものを扱ったりもするので当然ですよね。

 

というか5kgぐらいのダンベルでもうっかり足の指にでも落とせば骨折しますし。

 

筋トレ中に集中力はどんどん鍛えられていくわけですが、この筋トレへの一点集中した経験は勉強や仕事にも効果を発揮します。

 

いざ作業を始めたら同じように集中できるようになっていくんですね。

 

 

ドーパミンが分泌される

 

なんでもいいんですけど一定の行動をするとやる気ホルモンであるドーパミンが分泌されます。

 

筋トレでも分泌されるので、「全然勉強やる気でないな。」って時は5分ぐらい軽く筋トレを行うことで勉強のやる気も出すことができます。

 

1日の始まりに5分筋トレ→作業開始っていうルーティンを作れば自然と作業を始められるようになるでしょう。

 

 

作業に飽きたら筋トレ!

 

勉強とか仕事って同じことずっとしてると飽きてきますよね。

 

飽きた状態で無理やり続けても全然集中できないしやる気もないからめっちゃ効率悪いんです。

 

というか無理やりやってると嫌になってくるので最悪勉強嫌いになってしまうかもしれません。

 

そんな時に筋トレを一旦挟むことで気持ちがリセットされ、勉強する意欲が湧いてくるんですよ。

 

15分〜1時間ほどの筋トレで勉強や仕事に復活できるので筋トレできるタイミングがあればスケジュールにねじ込んでみてください。

 

2、3時間に1度筋トレか軽い運動でもやれば本当に1日の生産性が全然違ってきますよ。

 

 

 

体型が維持できる

 

筋トレのみで痩せるのは難しいですが、ずっと筋トレを続けていけば太るのを防ぐことができます。

 

太っていると脂肪がドーパミンの効きを邪魔することでやる気が出なくなってしまうというのは「ダイエットすると集中力が高まる5つの理由。太ってるのってやる気もなくなるの知ってた?」に書いている通りでして、確かに学校とか会社で周りのぽっちゃりさんをみてみるとあんまりやる気なさそうなんですよね。

 

これは太っていることでドーパミンが効かないのと睡眠の質が低下してることで生産性が劇的に下がってるんだと思われます。

 

筋トレが習慣化されていけば何歳になっても太るのとは無縁な暮らしができるので1日でも早く筋トレをスタートしてみるといいんじゃないでしょうか。

 

 

 

肩こり・腰痛の改善

 

特にデスクワーカーは座りっぱなしの時間が長くなりがちなので肩こりや腰痛に悩まされている人が多いようです。

 

眼精疲労も目の周りの筋肉が凝っているから起こるんですよね。

 

コリがひどいと集中力も何もないぐらい勉強・仕事に集中できません。

 

しかしきっついコリ症状も筋トレで日々体を動かし、筋肉を鍛えていけば少しずつ改善され最終的には毎日すっきりになることもできます。

 

肩こり・腰痛がきつい人はまずその周辺から鍛えて行くといいでしょう。

 

肩周りを鍛えることで筋肉がつき支える力が増しますし、筋肉を動かすので今まで滞っていた疲労物質が流れ、コリが改善されていきます。

 

腰痛も同じように解消されていくでしょう。

 

できる限り早くコリを解消したい人はスタンディングデスクをオススメします。

 

結局は姿勢の問題だったりするんで、スタンディングデスクで強制的に今より良い姿勢になればコリを解消できることもあります。

 

僕もスタンディングデスクを取り入れてから疲れとは無縁になりました。

 

 

スタンディングデスクの効果は?勉強や仕事の集中力が上がる他10の効果

 

 

 

まとめ:筋トレで集中力を上げて勉強や仕事の成果もぶち上げよう!

 

 

筋トレは体力の低下を抑えたり筋肉をつけることでダイエットや見た目を美しくするためにするものと思われがちです。

しかし運動不足がたたって仕事とか勉強の集中力まで低下してしまってる人がとても多いんですね。

 

筋トレをすれば筋トレに使った時間以上に生産性が高まるので少しずつ筋トレ取り入れてみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。