集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

勉強方法は社会人になると変わる?劇的に集中力を上げる10の方法

   

勉強方法 社会人

 

 

学生が終わって社会人になったら自由に使える時間って激減しますよね。

もちろん学生時代は部活にアルバイトしてて全く時間なかったって人もいますが、ほとんどの場合は社会人になってからの方が時間はないはずです。

 

社会人になると必要な資格とったり、将来独立するために色々と勉強しようって思い始めたりするんですよね。

でも仕事に時間がとられて残業とかで思ったように時間がとれない、ということも多いと思います。

 

仕事始めたら学生のときと同じような勉強方法は通じなくなります。

通じないというかできないって感じですね。

 

学生のころは学校の定期テストを前日の一夜漬けでなんとかこなしたりしてたと思いますが、仕事があるとなると次の日の仕事に支障が出たらダメなので一夜漬けなんてできなくなってしまいます。

 

そもそも社会人になってからでも欲しい資格なんて一夜漬けで合格できるレベルじゃないですよね。

じゃあどうやって勉強するんだよ?って感じですが実は結構色々と勉強方法はあります。

 

今回は社会人の勉強方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

社会人の勉強方法

 

 

隙間時間を使う

 

 

隙間時間は徹底的に使いましょう。

仕事があまりにも長すぎて家に帰ってからは疲れ切ってるから寝るしかないって人もいますよね。

 

そういう場合どうやって勉強すればいいの?って感じです。

答えのひとつとしては”すきま時間を使い切る”です。

 

どれだけ忙しくても隙間時間はかなりあるんですよ。

通勤中とかちょっとした待ち時間とかならありますよね。

 

まさか待ち時間をなくすために常に時間ぴったり現地到着って人はほとんどいないはずです。

1分単位まで考えてみると信号待ちの時間でも勉強はできます。

 

数学みたいな考えないといけない問題はできませんが、1分あれば単語や用語を見ることはできますよね。

1分じゃ完璧に覚えられないって思うかもしれませんが大丈夫です。

 

とにかく見ることが大切なんですね。

一瞬サッと見るだけでも何回もみているといつの間にか覚えています。

 

一日1時間もまとまった時間がないという場合はすきま時間以外暗記系は勉強しないと割り切ってみるといいです。

そうすればまとまった時間は問題に取り組めるし、暗記系はすきま時間しかやらないって決めてるのでうまく利用とし始めます。

 

目標があるなら隙間時間まで使い切っていきましょう!

ちなみに僕も5分あれば読書か暗記系、情報収集をするようにしています。

 

5分の空き時間って結構あるので家に着くころにはかなり作業が進んでるのでオススメですよ!

 

 

 

隙間時間にできる10のこと!時間の使い方を見直すだけで2倍以上効率的に!?

 

 

 

 

早起きする

 

 

夜は疲れてるので帰ってきたら寝ましょう。

起きててもダラダラテレビ見てるだけなら寝た方がいいです。

 

早く寝た分朝は1時間でも2時間でも早起きするんですね。

慣れるまでは眠いですが、慣れてしまえばめちゃくちゃいい勉強時間になりますよ。

 

 

勉強習慣は早朝につける!人生を変える朝勉強の9つのメリット

 

 

 

 

計画を立てる

 

 

何をいつまでにどこまで進めるか?といった計画は勉強を始める前にある程度決めましょう。

計画せずに勉強を始めてしまうと適当に進めちゃうんですね。

 

それだとやる気のある日はめっちゃ進むけどやる気がない日は全然進まない、とかあります。

計画を立てて毎日これだけは絶対やる!って決めているとどれだけやる気がなくてもなんとかこなせるんですね。

 

当然やる気のある日は予定よりたくさん勉強してもいいです。

計画を立てるのはしっかりと勉強を進められるようにやる気がない日でも頑張れる状況を作り出すためなんですね。

 

 

 

 

毎日やることを書き出す

 

 

計画を立てたら毎日やることを書き出していきましょう。

書き出しものを持ち歩くことで常に今日は何をすればいいのか?がわかります。

もし暗記系とかがあるなら移動中とかに終わらせようって思うことができますよね。

 

暗記系やるっていうのがわかってなかったら夜疲れて帰ってきてから「あ!暗記もあったのか!でも疲れてるからいいや」なっちゃうんですね。汗

 

やることリストを作っておくことで隙間時間もしっかりと使えるようになりますよ♪

 

 

 

 

勉強していることを話し合える相手を作る

 

 

勉強のことを話せる相手を持つことはめちゃくちゃ大切です。

相手がその勉強の内容を理解してなくても話しているうちにどんどんやる気が上がっていくんですね。

 

ジャンルが違う勉強をしている人でもいいので勉強について話し合える相手を作りましょう。

モチベーション維持にめちゃくちゃいいですよ♪

 

学生の間は周りみんな勉強してるから気づかなかったんですが、実はめちゃくちゃ大切なことだったんですね。

 

 

 

 

投資する

 

 

ちょっとした時間を勉強に使うために投資しましょう。

一番わかりやすいのが勉強机と椅子です。

 

高さのあってない机に硬い椅子だったらめちゃくちゃ疲れますよね。

なので少し値段は高くなりますが勉強机と椅子には投資しましょう。

 

投資して勉強効率が上がることで資格試験に合格したら収入が上がるかもしれませんよね。

最終的に回収できるなら全然問題ないことです。

 

 

 

 

休日に勉強する

 

 

週2で休みがあるとしたら2日とも休むのはもったいないです!

社会人になると時間はありません。

 

少なくとも1日はがっつり勉強に時間を使いましょう。

平日はすきま時間とかを使ってちょっとずつ勉強して休日を1日使って5,6時間勉強したら結構進みますよね。

 

目標を達成するまではある程度の犠牲は仕方ないです。

 

 

 

 

試験を受ける

 

 

もし模試などの試験があるなら受けましょう。

模試自体が勉強になるのはもちろん中間の目標として効果的です。

 

1年後の試験に合格することが目標としてもずっとモチベーションを保つのはむずかしいですよね。

でも3か月後に模試があってそこで点数をとろうと思ったら勉強しないと!って思いませんか?

 

TOEICとかだと年に何回もあるので本気で勉強するなら毎回受けるようにしてモチベーション維持に使いたいところです。

模試を受けることで自分がどの分野で弱いのかもわかるのでオススメですよ♪

 

 

 

 

カフェをうまく利用する

 

 

家に帰ると家族がいたり、遊びや睡眠の誘惑が多いです。

なのでカフェを上手く利用していきましょう。

 

朝早起きしたならさっさと用意していつもより1時間早く家を出ます。

そこからカフェに行って会社の時間まで勉強すれば集中して1時間勉強できます。

 

夜もできるなら帰る前にカフェによって勉強できたらいいですね♪

家に帰ったらつい寝てしまったりしますがカフェだと寝て5分とかですよね。

 

ちょっとだけ休憩してしっかり勉強してから帰ると疲れたから勉強できなかったってならずに済みますよ♪

 

 

 

 

休憩は絶対する

 

 

試験直前の追い込み期間はともかく普段の勉強は絶対に休憩を入れましょう!

休憩っていうのは睡眠や1日の休みとか勉強の間の10分程度の休憩も入ります。

 

休憩中に脳は情報を整理してくれてるんですね。

勉強してすぐはよくわからなかったけど放っておいたらなんかわかってたってことありませんか?

 

レミニッセンス効果と言われるんですが休憩はしっかりととった方がいいんですね。

 

 

 

知らないと損!勉強のコツは休憩にあった!?時間を区切るメリットとデメリット

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

社会人になったからと言って勉強方法はそこまで劇的に変わるわけではないです。

ただ投資の部分は学生よりもしっかりできるはずなのでどんどん使えるものは使っていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 集中力