集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。気になることがあるという方はコメント欄でどんどん質問してください!

意志力の無駄遣いを防ぐ7つの方法。集中力とやる気を一点に注ぎ込もう!

   


 

 

家に帰ったら勉強したい!運動したい!

こう思って仕事や学校の授業を終わらせて家に帰るものの付いたとたん脱力して結局何もしなかった。

 

こんなことって日常茶飯事だと思うんですよ。

誰もが経験したことありますよね。

 

経験したことのない人は常に好きなことだけをできている環境なのか、単に何もやりたいと思わない人でしょう。

こんなことは日常茶飯事なんですが、そう言ったままだと勉強とか運動はなかなかできないですよね。

 

1日だけがっつりできても意味ないので、しっかり習慣化していく必要があるわけです。

あなたが毎日夜帰ってからなにもやる気が出なくなっているのは意志力を日中に浪費してしまっているからです。

 

意志力は我慢強さとか忍耐力みたいなものですが、この意志力を日中無駄遣いしていると帰るころには疲れ果てていて何もやる気にならないんですよ。

 

なのでまずは意志力の無駄遣いを減らすようにしてみましょう。

今回は意志力の無駄遣いを減らす方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

意志力の元は一つしかない

 

 

勉強でもダイエットでもゲームや漫画を読むのを我慢するのも仕事するのも恋愛の駆け引きをするのも、全ての意志力は同じところからひとつのエネルギーとして発生していると言われています。

 

なので勉強や仕事をめちゃくちゃ頑張った日は夕食に食べ過ぎたり、お風呂に入った後は「今日頑張ったしゲームしてもいいか」となってしまうんですね。

勉強とダイエットに使われる意志力が同じ部分から出てるとは考えにくいですが、実際は同じところから出てるので、勉強とダイエットを頑張りつつ仕事もするというのは意志力は有限というところから考えるとめちゃくちゃ難しいわけです。

 

 

 

意志力の浪費を防ぐには?

 

やることリストを作る

 

 

やることを決めたとしても頭の中だけでとどめておくと、「今やってること以外のこともやらないとな。どれからやろうか。」と無意識で常に選択していることになり意志力を浪費してしまいます。

なのでやることリストを作って優先順位を決めておくことで無駄な選択は減るんですね。

 

今できないのに常に選択してるという状態は無駄なので、これが減るだけでかなり意志力を節約することができます。

 

 

 

やらないことリストを作る

 

 

やらないことリストを作ることで「やりたいけど今は必要ないこと」をシャットアウトできる。

「ゲームやろうかなーでも他にもやらないといけないことが。」とか悩んでいるだけで意志力は浪費されるので、やらないことリストに「ゲーム、漫画、英語」とやらないことを書き出して時々見直しておくといいでしょう。

 

やることリストとやらないことリストは両方作ると相乗効果を得ることができるので、どちらかを作る習慣ができた後はもう片方も作るようにしてみてください。

 

 

 

習慣化はひとつずつ行う

 

 

新しい習慣がまだ完全に習慣化されていない間は毎日ガンガン意志力を消費されています。

なので新しい習慣を同時に2つ始めると意志力が分散されてしまう上に我慢も2倍しないといけないため、両方の習慣化に挫折する可能性が単純計算で2倍になるんですよね。

 

個人的には挫折する可能性は3、4倍になると思っています。

何かを習慣化するときは必ず一つずつ行うようにしてください。

 

一見遠回りに見えますが後から考えるとその方が効率よい場合が多いと思います。

運動と英語の勉強と新しく副業の作業を習慣化したい場合も、優先順位を付けて一つずつ習慣化していきましょう。

 

だいたい3カ月ほど続けると習慣化されるので、3カ月後に次の習慣に移るイメージで行動していくといいですね。

3週間で習慣化できると言われることもありますが、余裕をもって3カ月程度で習慣化していくことで「まだ習慣化されてないのに次の習慣に行ってしまって両方挫折した。」ということが減るので、ゆっくり習慣化していきましょう。

 

 

勉強習慣をつけるにはザイオン効果を活かせ!勉強嫌いが当たり前に勉強をするようになるまで

 

 

朝の行動をシンプルにする

 

 

意志力は寝ている間に回復するので朝起きた時が一番強いんです。

だからダイエット中に朝食を食べすぎないようにするのは簡単なんですね。

 

しかしほとんどの人は朝に色々と行動しすぎて会社や学校につくまでに意志力を消耗してしまっています。

会社や学校に着くまでに意志力を消費しているとなかなか仕事や勉強のやる気が出なかったり、なぜか疲れてるということになりかねないので、朝の行動はルーティン化してシンプルにしていきましょう。

 

 

満員電車のストレスから逃れる7つの方法

 

 

とにかく片付けする

 

 

片付ける場所をいったん決めた後は毎回同じ場所に片付けるようにします。

たったこれだけのことで意志力の浪費は抑えられえるんですね。

 

片付けないと書類の山の下にペンがあって探さないといけなくなったりすることもありますが、こうしたちょっとしたことも積み重なってかなり浪費されてしまうわけです。

 

 

 

先延ばしをやめる

 

 

先延ばししている間も脳の中では常に「あれやらないとなー。」と思っているので、意志力は消耗し続けている状態です。

これはもう本当に浪費しまくりで、寝てるとき以外仕事しててもゲームしてても友人と飲みに行ってても、どんどん浪費していくので気を付けてくださいね。

 

重くて面倒なことほど先延ばししてしまいがちですが、さっさとやってしまった方が気持ちも軽くなるので、「先延ばしリスト」を作って一旦今先延ばしにしていることを全部処理してしまいましょう。

机周りの片づけを先延ばしにしてる場合は1日かけるぐらいの勢いでがっつり整理整頓した方がいいでしょう。

 

1日仕事や勉強もせずに無駄になったと思われたりしますが、次の日以降の効率が劇的に上がるので1週間後には十分取り戻せてます。

その代わり整理整頓した後はしっかり元あった場所に戻すようにしましょう!

 

 

先延ばしをやめる10の方法!~自分をダメなやつと思わないために~

 

 

誘惑に対して対策をとっておく

 

 

誘惑が起きてから「今はダイエット中だからお菓子は我慢」とか「勉強しないといけないから漫画とかゲームはやらない」と我慢すると意志力は消費されてしまって、本来意志力を使って進めたい勉強や仕事が全然進まないということになりかねません。

 

しかし誘惑が起きないように対策をすれば意志力は浪費されなくなるんですね。

ダイエット中はコンビニに寄らず家にもお菓子やジュースを置かないようにすれば我慢する必要がないですし、ゲームや漫画を目に入らないようにすれば「ゲームしたい!」と思う可能性は減ります。

 

ゲームの場合難しいのがスマホアプリですね。

これは常にスマホに入ってしまっているためいつでもどこでもできるのがネック。

 

twitterとかのSNSも同じでアプリを消しているとあまりみたいと思わないんですが、あると無意識で見てしまいますよね。汗

勉強したいなら勉強部屋を作る、もしくは勉強する部屋に遊び道具を置かないとか家で仕事をしたい場合も同じです。

 

誘惑がない状態もしくは誘惑が遠くにある状態を常に作っていきましょう。

 

 

 

まとめ

 

 

意志力は鍛えることができますが、浪費を抑えるのもめちゃくちゃ大切です。

お金の節約と同じく重要なことなので、意志力の浪費を抑える方法もしっかりと知っておきましょう。

 

もちろんこれを習慣化するためにも最初は意志力を消費します。

ですがこれは必要なことなので浪費じゃないですから、しっかり習慣化して自分が必要と思ってることに意志力を使えるようにしていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 集中力