集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

集中力が無い 。一つのことに集中できない10の理由

   

集中力が無い

 

 

一つのことに全然集中できない。

とりあえず始めてみるもののすぐにスマホを見たり隣に置いてる漫画を読んでしまう。

 

そんなことって結構多いと思います。

じゃあまず一つのことに集中できない理由を知ればいいと思うんですね!

 

理由がわからないから集中できないんであって理由がわかれば集中できる可能性は格段にあがります。

今回は集中力が無い人が一つに集中できない理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

集中力が無い。一つに集中できない理由は?

 

 

部屋が散らかっている

 

 

人間の集中力は簡単に途切れるものです。

あなたの作業場所は散らかっていませんか?

 

会社のデスクや家の机、部屋が散らかっていると無意識レベルで意識が散らかっているものに持っていかれます。

 

「片付けないと。」「あ、あのマンガ読みたいな。」「明日どの服着ていこう。」って考えてしまっているんですね。

無意識レベルなので視野に入るだけでアウトです。

 

しっかりとクローゼットに服はしまって漫画は見えない場所に片づけて机の上は勉強用具かパソコンなどの必要なものだけ置いておきましょう。

 

勉強中はパソコンも邪魔なのでひとまず片付けます。

一緒にスマホも置いときましょう。

 

とくに最近はスマホでLINEしたりSNSしたりゲームアプリ使ったりなど集中力が切れる原因が多いです。

僕も1日にやるべきことが終わるまではスマホを触らない(昼食時以外)と決めています。

 

スマホを触らないようにするだけで集中力はものすごく高まるのでまずはスマホ封印から始めてもいいですね。

 

 

 

 

遊ぶものが近くに置いてある

 

 

さっきと被りますが遊ぶものはとにかく見えない場所に置きましょう。

近くに漫画やゲームがあったら何かと理由をつけて今やるべきことから集中がそがれてしまいます。

 

集中力自体はみんな持ってます。

ですが環境によって集中力がたくさんのことに分散されていて結局一つのことに集中できない状態になってしまっているんですね。

 

環境を集中できる状態に整えていきましょう。

 

 

 

 

 

楽しくない

 

 

楽しいものには集中できますよね。

と言っても今やってる作業を心の底から楽しんでるという人は圧倒的に少ないでしょう。

 

ゲームのレベル上げですら趣味でやってるはずなのに面倒で楽しくない場合もあるほどですから。

 

どうすれば楽しめるか?を考えてみます。

楽しめるといっても今よりほんの少し嫌だという気分が減るだけでも十分です。

 

もう今の仕事が嫌で嫌でうつになりそうという状態で作業するか、嫌だけどまあなんとかなるとか好きじゃないけど嫌いでもないという状態では集中できる度合が全然変わってきますよね。

 

嫌いなものでもどうやって攻略していくか?というゲーム思考をもつと少しだけ気持ちが楽になってきます。

人生をゲームと思うだけで劇的に集中力高めることができる人もいるでしょう。

 

つまり自分なりのポジティブな考え方をもつことで集中力を高めることができます。

自分の好きな漫画の主人公だったらこんなときどうする?とか色々考えてみるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

優先順位が決まってない

 

 

優先順位を決めていないというのは集中力を劇的に下げてしまいます。

たとえば今資料作成していたとしても気持ちの中では「本当に今これが最優先なのか?」というのがどうしてもでてきてしまいます。

 

ですが最初にしっかりと優先順位を決めていれば今はこれが最優先!と視覚としてもわかるのでひとつのことに集中しやすくなります。

優先順位の付け方はその時々で変わってくるので今の状況に合わせて割り振っていきましょう。

 

 

 

 

休憩してない

 

 

休憩入れてますか?

長時間の作業は集中力が切れてだらだらしてしまう原因になりかねません。

 

勉強でも同じですね。

3時間ほどぶっ続けで作業してるけどちょいちょいスマホいじってるとかないですか?

 

もうそれ全然集中できてませんよね。

それだったらだらだら作業せずに思い切って5分ほど休憩を入れてみてください。

 

そうすると驚くほど集中力が戻って次は思いっきり集中して作業ができます。

ただ休憩中にゲームをすると気持ちが切れるのでちょっとしたストレッチや散歩の方がリフレッシュできるでしょう。

 

 

勉強の休憩中にやってはいけない6つのこと!集中力を極限まで上げていくために

 

個人的には20分に一度5分休憩を挟むと集中力が1日中続くようになります。

 

 

 

 

 

休憩が多すぎる

 

 

おいおい、さっきと言ってること真逆じゃねえかって感じですよね。

実は場合によっては休憩をしない方が良い場合もあるんです。

 

たとえば副業など家で一人で黙々と作業をする場合は休憩なしで一段落するまで作業した方がいいです。

勉強でも家でやる場合は予定の勉強が終わるまでやりきりましょう。

 

というのも家とか一人での作業になると誰かに見られてるという感覚がないので一度休憩に入るとなかなか作業に戻れないんですね。汗

とくに寝室兼自室の場合は注意が必要です。

 

休憩がてらベッドにごろっとなって気づいたら朝だった。ということもあり得るのです。

 

意志がかなり強くて休憩をしっかり5分で切り上げられるという場合は20分に1度休憩を入れてもいいと思いますが、つい10分とかに休憩を伸ばしてしまうような僕みたいな人は休憩なしでガリガリ作業をこなしていきましょう!

 

 

 

 

まだ慣れてない

 

 

新しく「これは絶対にやりきる!」というものが見つかったとしても最初からずっとものすごく集中できるわけではないです。

新しいことというのはそれをやることに慣れてないので疲れ方も半端ないです。

 

勉強でも仕事でも最初始めたときは1時間でも辛い人も多いでしょう。

ですが毎日8時間やってればそれが当たり前になってきます。

 

当たり前になればその作業を行うことにたいして精神を使わないので集中力が劇的に上がってきます。

量を行うことで質が伴ってくるってこういうことだと思うんですね。

 

 

 

 

 

睡眠不足

 

 

睡眠不足では集中できません。

まずは寝ましょう。

 

相当切羽詰まってる状況だったら睡眠時間1時間とかでもなんとなりますが、その場合は別です。

いつでも一つのことに思いっきり集中したいなら寝不足じゃない状態を作っておくことが大切なんです。

 

寝不足だと頭がぼーっとして今やってる作業と関係ないことを考えだしたり、何も考えていなかったりと無駄な時間が増えてくるので更に睡眠時間を削れていくという悪循環なるんですね。汗

 

寝れるタイミングで昼寝でもいいので睡眠時間を確保していきましょう。

 

 

 

 

捨てる

 

 

捨てるというのは今回の中で一番大切なことになります。

たとえば周りのゴミや今は邪魔な雑誌などを物理的に捨てることもそうですが、多すぎるやりたいことは一旦捨てましょう。

 

もしかしてやりたいこと多すぎませんか?

たとえば本業で出世、副業で稼ぐ、恋人作りたい、趣味の時間欲しい、睡眠時間欲しい、友人と遊ぶ時間も欲しいというようにたくさんやりたいことを同時にやろうとすれば当然集中力は分散されていきます。

 

僕も依然5つぐらい同時にやろうとしてましたが結果全部が中途半端な状態になってしまいましたね。汗

二兎を追うもの一兎も得ずって言うぐらいですから3兎も4兎も追っていては無理があります。

 

まずは一つ極めてから次に行くというふうにひとつずつ集中してくために他のことは一旦捨ててください。

本業は簡単にやめれないので副業で稼ぐ場合は本業以外の時間を副業に使います。

 

少しの間遊ぶのは我慢するというように集中力を限定していくことでどんどんひとつに対しての集中力は高めていくことができますよ。

 

 

 

 

 

限られた時間で作業する

 

 

 

1日中空いてる休日って勉強とか副業での作業って進まないと思いませんか?

結局夕方から焦って作業始めた、みたいな。

 

時間があると人間ってなかなか動きません。

「まだ時間あるからいいやー」ってなるんですね。

 

その結果残業続きな人も多いと思います。

ですが平日の家を出る前に1時間早起きして時間を作ってみてください。

 

驚くほど作業がはかどります。

使える時間が限定されると不思議と頑張れるんですね。

 

休日も昼からは出かける予定を入れてみて朝しか作業できないようにするとか、午前中は家の片づけをするというふうに時間を限定していくことで集中力を高めることができます。

時間が限られればできることも限られてくるので自然と一つのことに集中できるようになるんですね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

集中力が無い人はいません。

うまく一つのことに集中できていないだけなのでしっかりと環境を整えていくことで集中できるようになりますよ!

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 集中力