勉強をする5つのメリット!知識を蓄えておけば選択肢が広がる?

教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20

勉強の面倒さは半端ないです。

たいていの人はなんでやらないといけないんだろう?と思ってちょっと面倒になったらスマホやらゲームを始めますよね。

そして試験前とか必要になったときに焦って勉強を始めるといった感じでしょう。

でもしっかりと勉強をすることにもメリットはたくさんあります。

今回は勉強をすることで得られるメリットについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

勉強をすることで得られるメリット

選択肢を広げることができる

勉強というのは何も学校でやる勉強だけじゃないですよね。

仕事の勉強や学校と会社に全く関係ない資格とか語学だったりと本当に色々あります。

本を読むことも勉強の一種です。

勉強をしないということはその分野に関しては全く知らないので今後の人生で選択肢に入れることができないということになります。

たとえば高校で数学につまづいたから諦めたとしましょう。

そうなるとまずは理系学部に進学するという選択肢はなくなりますよね。

その後は理系が必要な仕事には就職できなくなります。

もしかしたら夢は宇宙飛行士とか医者だったかもしれないけど数学をやめた途端それも諦めないといけなくなるんですよ。

もしあなたが今からイラストについて勉強を始めれば数年後にはイラストで副業として稼いで収入の柱を2本持てるようになっているかもしれません。

このように勉強をするかしないかで選択肢はどんどん狭くなったり広くなったりします。

仕事が楽しくなる

仕事や勉強がめちゃくちゃ面白くない理由のひとつに「あまりそのことについて知らない」ということがあります。

勉強が楽しくないのはやり方がわからなくて全く解けないからです。

仕事も良くわからなくて全然進まない上に一応終わらせたとしても毎回上司に怒られてばかりじゃ面白いわけないですよね。

ですが勉強をしてもう少し深く仕事や勉強の知識を得ることで作業スピードは早くなりできるようになっていくので楽しくなっていきます。

勉強して得た知識はゲームで言う武器です。

どのタイミングでどの武器を使って攻略していくのが一番効率的か?ということなんですね。

意志力がつく

勉強を続けていくことで意志力が高くなっていきます。

どんな勉強でもひとつのことをずっと続けていくのはかなり面倒です。

疲れてやりたくない日があるしもうやめようかなと思う日もあるでしょう。

でもその勉強をなんとか頑張って続けていくと他のことを始めたときにも我慢強くなっているので成長しやすくなるんですよ。

筋トレ、ダイエットに新しい事業など意志力で乗り越えないといけないことはたくさんあります。

そういったときに勉強で意志力を鍛えていれば比較的楽に乗り越えられるようになっているでしょう。

だまされにくくなる

勉強不足で詐欺に合うということはよくあることです。

詐欺まではいかなくても嘘に引っかかるという程度なら日常茶飯事ですね。

意図的にだますつもりじゃなく相手も勉強不足で結果嘘になってしまっていることもあります。

こういったときにたくさん勉強していると嘘か本当かの判断が的確になっていきます。

その分野に関しての知識があれば嘘なんて一発でわかりますし、なくても心理学とかを勉強していれば目線や動きで嘘を見抜けることもあるでしょう。

専門家のようなすごい人にならなくてもある程度の知識があればだまされにくくなるので勉強をしていて損はないでしょう。

会話のネタが豊富になる

知識人と話すには自分もそれなりの知識が必要になってきます。

様々な分野の知識を持っているということはそれだけ話が通じる相手が増えるということなんですね。

たとえば村上春樹の小説を一冊も読んだことがない人は友人がその話で盛り上がっている時全く話に入れない上に楽しくないわけです。

「今日は晴れですね。」みたいな定型文的な会話はできるけどそれではお互いの深い部分に入り込むことができないので打ち解けられないですよね。汗

色々な人と楽しく会話するためにも勉強はひとつの良い方法になります。

自分の柱となる一つの分野を極めつつ周りの知識もどんどん増やしていくといいでしょう。

まとめ:勉強は自分の幅を広げる良い道具になる

勉強には数多くのメリットがあります。

ただどのメリットもやはり続けないと出てこないので少しずつ勉強を積み重ねていくといいですね。

とくにこれからの時代会社だけに頼って生きていくのはどんどん難しくなっていくでしょう。

会社が頼りにならないなら自分で勉強して食いぶち稼いでいくしかなくなりますからね。

焦らず最初は1日5分の勉強でもいいので続けてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする