集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。気になることがあるという方はコメント欄でどんどん質問してください!

スマホがどれぐらい集中力を奪っているのか考えてみたら9つ発見!

   


 

あなたはスマホを常に持ち歩いていますか?

もしかしたらどんなときでも暇さえあればみてるかもしれませんね。

 

実はその行為があなたの集中力を奪い、生産性を低くして時間を奪ってるんですよ。

今となってはもう必需品みたいになってるので気づきにくいんですが。汗

 

今回はスマホが集中力をどのように奪っているのかについて書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

SNS

 

 

SNSがあなたの集中力を奪っているのはやってる本人が一番わかっているはずです。

勉強や仕事中でもついSNSを見てしまう場合ってありますよね。

 

lineの返信とかも仕事中にしてる人結構いると思います。

ここで奪われている集中力はそもそもSNSアプリをスマホにインストールしておかないと使えないのでアプリを使わないようにしてみましょう。

 

 

 

ゲーム

 

 

個人的な感覚では隙間時間と休憩時間全てがゲーム時間になってしまうので、PS4などよりたちが悪いですね。

家庭用ゲームは家に帰らないとできないですし、全部仕事や勉強が終わってからまとまった時間でやる方が楽しいですよね。

 

それに比べてスマホゲームは隙間時間で出来るように5分で1回できる設定なのでほんの数分の時間すら失われていくわけです。

この時間をうまく利用できるかどうかで仕事でも勉強でも今後の成果が圧倒的に変わってくるのでゲームのおかげで隙間時間0!なんてことにならないように気を付けましょう。

 

 

ゲームは時間の無駄?僕のゲームに対する考え方

 

 

ネットサーフィン

 

 

これはパソコン使って作業している場合は常に起こることなので排除するのは難しいですよね。

僕の場合も常に色々と調べながらの作業なのでネット環境を切り離すというのは不可能です。

 

勉強中などにちょっとスマホを触ってそのままネットの海にダイブして30分以上帰ってこないということもよくあることなのでネットサーフィンしない環境づくりをしていきましょう。

僕の場合は今関係ないけど気になるサイトがあった場合は全部「後で見る」フォルダに突っ込んでおいて1日の作業が終わってから見るようにしています。

 

 

 

存在するだけで集中力を奪う!?

 

 

スマホが視界内に存在するだけで集中力は落ちると言われています。

なのでパソコンの横や勉強中に開いているノートの横にスマホを置いてるだけであなたは集中できていないということなんですよ。

 

このことを知ってからはカフェでスマホを横に置いて勉強している人を見ると「あーもったいない。」って思ってしまうようになりましたね。笑

外出先で作業を進める場合は鞄にスマホを入れておくようにして一旦見えないようにしたり、家ならリビングにスマホを置いたまま自室で作業するとかがいいですね。

 

 

 

スマホを忘れたとき

 

 

スマホ依存が進んでいる人にとって家にスマホを忘れた日はものすごく不安になるそうですね。

そんな日に集中はできないと思います。

 

僕の場合はスマホ忘れたときは落としてないかの確認だけできれば後は放置でも問題ないので助かってます。

ただ最近はスマホのテザリングを使ってるので忘れた場合はもはや仕事できません。汗

 

 

 

マルチタスク

 

 

勉強中にスマホゲームやline、Twitterをしている人は結構多いと思います。

マルチタスクは劇的に集中力を下げてしまうのでやめましょう。

 

しかも楽しい方がメインになってしまうので、脳としてたいていSNSやゲームが優先になりついdねい勉強みたいな感じになってると思うんですよね。

全然作業が進まないので絶対にマルチタスクはやらない方がいいです。

 

また脳の少ないワーキングメモリーが勉強だけでなく他のことにまで使われてしまうのが大問題で、集中せずに勉強していると記憶力も低下していて同じことをやっていても効率が劇的に落ちてるんですよ。

たいていの人にとっては勉強や仕事は面倒なものと思います。

 

せっかくなら効率よく進めて残りの時間は自由に使いたいですよね。

 

 

マルチタスクがダメな8つの理由は?効率が80%も下がるって!?

 

 

リフレッシュできない

 

 

スマホを頻繁に使うようになるとさっきも言ったように隙間時間と休憩時間はスマホに占拠されてしまいます。

結果仮眠や瞑想、運動やぼーっとするだけに使えたはずの休憩時間が脳を休めるのに使えなくなってしまうんですね。

 

しかもスマホはパソコン以上に目を酷使するので目の疲れからどんどん集中力は落ちていってしまうので、気づかないうちに1日の集中力は最低ラインまで落ち込んでいるかもしれません。

逆に5分程度の休憩中でも目をつぶって仮眠とればそれなりに集中力と疲れがマシになるんですよ。

 

僕も休憩中はちょっと寝たり瞑想したりして集中力を維持するようにしてますが、スマホゲームばかりしてたときに比べると1日の集中力が全然違うのでできる作業量も全く違いますね。

 

 

休憩中に行いたい8つのこと!勉強や仕事の合間の使い方はめちゃくちゃ大切だ!

 

 

とりあえずスマホをみてしまう

 

 

椅子に座って一息ついたときにとりあえずスマホをみる人は多いんじゃないでしょうか?

そこで軽く深呼吸でもして仕事や勉強をさっと始めれば良かったものの、スマホを見ることで無駄な意志力を使ってしまいどんどん体力を消費してしまうんですね。

 

そろそろ勉強始めようかと思った頃には疲れてる経験がある人もいると思います。

何よりスマホで時間が奪われていっているのがもったいなすぎますね。

 

 

 

フローに入れない

 

 

仕事や勉強中ふとしたタイミングでフロー状態に入ることがあります。

フローはゾーンとも言われていて極限の集中状態ですね。

 

スマホを常にいじってる場合はそこでフローに入ることがあると思うんですよ。

SNSを見たりゲームをしているともう2時間も経ってる!となってるのがフロー。

 

これは今やってることに対して最大限集中しないと入れないので、隣にスマホがあって常に気にしていると絶対に入れないんですよね。汗

フローは毎回入れるものではないんですが、入ると圧倒的な集中力を発揮できるので作業効率が劇的に高まります。

 

これを時々でも使える人と全く使えない人では平均の効率はかなり違ってくるだろうと思いませんか?

 

 

 

一度落ちた集中を取り戻すには?

 

 

スマホで集中力が途切れた場合元の集中した状態に戻るまでに23分かかると言われています。

つまり23分以内にスマホを確認している人はずっと集中していない状態が続いているということなんですね。

 

こう言ってしまうと1日の中で本当に集中できてる時間1秒もないぞ!?って人もいるかもしれません。

最近は集中力を奪うためにスマホを大きな役割を担ってしまってるんですよ。汗

 

 

 

まとめ

 

 

スマホはあなたの集中力を思っている以上に奪っています。

集中力が落ちるということは本来1時間で終わるものが1,5時間とか2時間かかるということです。

 

毎日残業続きで仕事終わらねーとか、勉強が全然進まないと思ってる人はスマホを触りすぎじゃないでしょうか?

少しスマホから離れれば集中力がどれだけ奪われているのかわかるので、一度休日だけでもスマホ断ちしてみてください。

 

あれ、めちゃくちゃ暇なんだけど。。。って思いますよ。笑

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 集中力