集中力を高める飲み物を6つと飲まない方がいいもの3つ紹介!

教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 23

集中力を高い状態で保つのって結構難しいですよね。

「よっしゃーやるでー!」って思ってるのもつかの間、数時間後には「うわー、この作業だりぃ。」って言ってたりします。

以前集中力を高める食べ物について紹介しました。

集中力を高めてくれる食べ物があるということは飲み物もあるんですね!

今回は集中力を高める飲み物について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

集中力を高める飲み物

水分不足は集中力を低下させます。

体内に水分がないと血流が悪くなってしまうんですね。

ドロドロになってなかなか全身に血液が渡らない状態です。

ということはゆっくりしか酸素や栄養素を運んでくれないので脳への栄養もうまく行き渡らないんですね。

命に危険がせまってるほど水分不足な状態じゃなくても集中力はどんどん下がってしまいます。

また血流が悪いと疲労物質や老廃物を体外に出すのも遅くなってたまってきます。

どうも最近疲れがとれないなーというあなたは水分不足じゃないですか?

以前からあまり水を飲まなくて最近仕事量や勉強量が増えた人は要注意です。

もちろんまだ作業量に慣れてないというのもありますが、水分不足が更に進行したことも集中力低下の原因になっているんですよ。

水分補給はしっかりしましょう!

水分補給と言った場合の水分は水です。

コーヒーでも紅茶でもジュースでも、ましてやお酒でもないですよ。笑

コーヒー

コーヒーに含まれているカフェインの作用で集中力が上がります。

ちょっと疲れてきたなーというときにカフェインをとると覚醒作用が働いて交感神経をいっきに働かせてくれるんですね。

なので仕事中の休憩に一杯飲むと次の作業に入るときがっつり集中できるでしょう。

ただカフェインによる集中力アップは効果が出るものと出ないものがあるようです。

効果が出る作業は単純作業、あまり出ないものは頭を使う作業だそうです。

コーヒーを飲んだ後は机の整理整頓や書類整理、メールチェックなどの単純な作業を行っていくといいかもしれませんね♪

ただコーヒーによる集中力は疲労を無視した方法です。

実際に疲労が消えたわけではなく忘れさせているだけなので毎日コーヒーを飲みまくってむりやり活動していると、いつか反動がくるので注意しましょう。

またカフェインで眠気を飛ばせるのは眠気が来る前に飲んだ場合に限ります。

そのため「やばい、寝落ちしそうだからコーヒー飲んで気合い入れよ。」と思っても遅いので、眠くなる時間帯がわかってるならその時間の30分ほど前から飲み始めるようにしてみましょう。

紅茶

紅茶にはリラックス作用があります。

リラックスしすぎも集中できないですが頑張りすぎも集中力は下がってしまいますよね。

普段の頑張りすぎを少し改善させるためにはちょうどいい効果を発揮してくれます。

また紅茶にもコーヒー同様カフェインが含まれています。

紅茶に含まれているカフェイン量はコーヒーに比べて少なく効果もなだらかに出るのでゆっくりと効いてくれます。

コーヒーは苦手という人は紅茶にしてみるといいですね♪

フルーツジュース

フルーツジュースもかなり糖質の吸収が早いのでオススメです。

スポーツドリンクほど早くはないですが消化を必要としないですし栄養素も豊富に含まれているため固形物を摂るより早いです。

フルーツジュースを飲むメリットは”栄養素が多い”ということです。

集中力を保つために糖質を摂ると言っても集中力は糖質だけでなりたっているわけではありませんよね。

身体の栄養バランスを整えて体調をいい状態でキープしていると自然に集中力は最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

集中力が下がってきたときに飲むというよりは毎日栄養補給のために1杯程度は飲んでいきたいですね♪

ただここ最近は集中力に糖質って大して必要ないなと思い始めています。

自分の好きな飲み物

毎日飲むと集中力が上がりやすくなります。

お酒以外だったら何を飲んでもいいでしょう。

たとえば僕の場合は朝仕事を始める前にコーヒーを一杯入れて飲みます。

そうすると自然に「よし、やるか。」ってなるんですね。

いわゆるルーティンという行動です。

ルティン動作を行うことでやる気を出したり集中力を高めることができるのでオススメですよ♪

水は日常的にずっと飲むものなのであまりルーティンとしては使えないかもしれませんね。

当然お酒はアウトです。

ルーティンにはなってもアルコールで思考力が落ちるので全然意味がなくなってしまいます。汗

健康的になるという部分も考えると朝に一杯のフルーツジュースを飲んで仕事を始めるといいかもしれませんね♪

コーヒーと集中力の関係は?程よく飲むことで効率良くしていこう!

ルイボスティー

カフェインの含まれていないお茶なので時間帯関係なく夜でも飲むことができます。

ルイボスティーにはカフェインが含まれていませんが、ミネラルやビタミンがたくさん含まれてると言われているので栄養不足を補うのにとても効果的な飲み物でしょう。

集中力が高い状態を維持するには栄養バランスもとても大切ですからね。


スポンサーリンク




飲んではいけない飲み物

ジュース

コーラなどのジュースを飲むのはやめましょう。

なぜかと言いますと糖質の吸収が早すぎるからです。

「いいことなんじゃないの?」と思いますよね。

良くないんですよ。

糖質が早く吸収されると一気に血糖値が高くなるので、一時的にぶわっと集中力が上がります。

しかしその後急激に血糖値が下がるときが合ってそのタイミングでめちゃくちゃ眠くなるんですよ。

昼食に丼とか麺類を食べた後ものすごい眠気に襲われた経験あると思いますがそれと同じです。

眠気と闘わないですむようにジュース類はやめておきましょう。

また太る原因になるのも良くないですね。

太るとドーパミンの効きが悪くなってしまってやる気と集中力落ちますから。汗

スポーツドリンク

ジュースと同じ理由でできる限り飲まない方がいいでしょう。

しかしどうしても甘いもの飲みたい!というときはジュースよりスポーツドリンクの方がまだマシですね。

あとスポーツドリンクを飲む場合はジュースと違って水で半分ぐらいに薄めることで糖質の過剰摂取を防いで眠気に襲われる可能性を減らすことができますよ。

まあスポーツドリンクはアスリート用に作られてるので仕事や勉強では必要ないですが。汗

エナジードリンク

エナジードリンクってすごく効果あるような気がしますよね。

でも実はそこまで効果ないんですよ。

エナジードリンクにもジュースと同じぐらい糖質が含まれているんですが、これとカフェインの組み合わせが最悪なんです。

まずエナジードリンクを飲むと糖質とって血糖値が上がり一時的に気分が良くなるのと同時にカフェインが効いてきて集中力とやる気は高まります。

しかしその後血糖値が下がっていくのと同じタイミングでカフェインの効果も切れてきてしまって脱力感が半端ないことになるんですね。

レッドブルで翼を授かっても本来人間は飛べないので落ちるしかないんです。

映画の世界ではドーピングでモンスター化した人はたいてい暴走して負けますし。笑

とまあ最後ちょっと関係ないですがエネジードリンクはコーヒーと違って1日中がぶ飲みすることもできないので、「もう締め切りまで時間がなくてマジでやばいけど乗り越えたら次の日潰れてても大丈夫。」という日の最終手段にしてくといいでしょう。

まとめ

集中力を高めるために飲み物を選ぶのはめちゃくちゃいいことです。

ただ効果が出るのが早い分消えるのも早いので一時的な対処として知っておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする