集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

集中力が続かないと困っているあなたへ。11の対処法

   

集中力 続かない

 

 

集中がどうしても長く続けられなくて困ってる。

そんな人は多いですよね。

 

ほとんどの人は仕事でも勉強でも集中してやりたいと思ってます。

その方が早く進んで終わらせることができますから。

 

じゃあ今よりも集中力を長時間続くようにすればいいんですね!

今まで集中力を上げようと思ったことはありましたか?

 

今回は集中力が続かない場合の対処法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

集中力が続かないときの対処

 

 

睡眠時間を確保

 

 

睡眠時間足りてますか?

たいていの人は足りてないでしょう。

 

寝不足の状態はどう頑張ってもある程度しか集中できません。

ダラダラと仕事や勉強をしても全然終わりませんよね。

 

残業してる時間があるならさっと終わらせて帰りましょう。

帰ってから休憩するのは全然いいんですが夜中遅くまでお酒を飲みながらテレビ観てたら次の日は確実に寝不足です。

 

なのである程度の時間になったら寝るといいですね。

睡眠の質を上げるには色々と工夫をしないといけませんが睡眠時間を増やすのは今日からでもできます。

 

6時間は寝れるような時間に寝るといいですよ!

それでも眠い場合は睡眠の質が低すぎるんですね。

 

睡眠時間をしっかりととるのと同時に質も上げる工夫をしていきましょう。

お酒は睡眠の質を下げるので寝る3時間前までにするといいですよ♪

 

 

 

 

休憩を入れる

 

 

休憩してますか?

適度な休憩は集中力を保つのに効果的です。

 

たとえば僕の場合20分に一回休憩を入れてます。

勉強してるときでもブログ書いてるときでも。

 

5分程度の休憩を入れてるんですがその間に家事を済ませたり、コーヒー入れたり目つぶったり、眠いときはベットで5分だけ横になったりします。

5分寝ても意味ないって思うかもしれませんが思った以上に効果があるんですよ!

 

なんとなーく眠気でしゃきっとしないときとか一日の作業時間がめちゃくちゃ長いときはちょっとだけ仮眠するのをオススメします。

 

 

 

 

無駄な休憩をしない

 

 

休憩は集中力を保つのに大切です。

ですが休憩のしすぎは無駄です。

 

たとえばコーヒー入れてくるだけの予定が10分も話をしたり、5分休憩がスマホをいじってるうちに20分もたってたり。

もちろん時間ももったいないけどそれ以上に集中が完全に切れてしまうのが問題なんですね。

 

休憩は集中が途切れない程度の長さにするのが大切です。

めっちゃ集中してた場合ちょっと立って飲み物を入れてに行く程度じゃ集中は途切れませんよね。

 

でも全然関係ない話をしたりゲームとかしてたら集中力は完全に途切れてしまいます。

一回途切れた集中をもう一度するのは結構時間のかかることなので集中はできるだけ途切れないようにしていきましょう。

 

 

 

 

やること決めてない

 

 

一日のやることと順番決めてますか?

やることを決めないとなかなか本気で集中することは難しいです。

 

集中しようにもまず何をしたらいいか迷うし、やること決めたつもりでも本当に最初にやるべきか?なんて考えてしまうんですね。

他のことを考えながらひとつのことに集中するのは不可能です。

 

まずはやることをしっかりと書き出して今やってる作業以外のことを考えなくていい状況にしておきましょう。

たったこれだけのことで今までよりはるかに集中できるようになりますよ♪

 

 

朝一でTodoリストを作ると一日の集中力が半端なく上がる3つの理由

 

 

 

 

目標を決めてない

 

 

やることリストを決める前に目標を決めましょう。

自分が今やってる作業は何に向かってるかはっきりしてるかぼやけたままなのかでは集中力が段違いです。

 

今やってることって意味ある?とか思ってたら本気出せないですよね。

目標設定はめちゃくちゃ大切です。

 

今やってる作業は意味のあることでちゃんと将来につながってるんだぞ!って確認の意味でもしっかりとした目標を立てましょう。

 

 

 

 

食べ過ぎ

 

 

食事は大切ですが食べ過ぎてません?

食べ過ぎる消化に血液が回されて脳に行きにくくなります。

 

すると脳が働きにくいので集中できないんですね。

他にも勉強しながらずっとお菓子食べてるとか。

 

糖分摂取は大切ですが常に食べてたら勉強に集中できません。

どうしても食べたいなら休憩時間に少しずつたべましょう。

 

やるときやる!休むとき休む!です。

 

ずっとお菓子食べてたら太りますし。汗

 

 

 

 

人間の集中力はそこまで長く保てないと知る

 

 

相当天才でひとつのことに集中できる人出ない限りそこまで長時間集中し続けることはできません。

よく90分が限界だって言われてますね。

 

でも実際90分も集中できることってほとんどないとおもうんですよ。

90分の授業で集中しきったことってあんまりないですよね。

 

僕が思うに本当に思いっきり集中できるのって2.30分ぐらいだと思うんですよ。

なので30分だけ思いっきり集中しましょう。

 

 

 

 

朝にがっつり集中する

 

 

朝は起きてすぐなので寝不足であっても一日の中で一番疲れていない時間帯です。

夜学校とか仕事から帰ってきて疲れてるのに集中するのってむずかしいですよね。

 

集中力は朝が一番高いのでその時間に思いっきり集中してやりたいことを進めるというのもいいですね♪

朝の作業は本当にものすごくはかどりますよ!

 

 

 

 

机の上を片づける

 

 

机の上が必要ないものであふれてると集中力は落ちてしまいます。

ちょっとものを動かしただけでぶつかるようだったらストレスになりますし、何かを探すときもたくさんものがあったらどこに置いてるかわからなくて無駄に時間がかかってしまいます。

 

この探し物のときに集中が切れたりするんですね。

ほんのちょっとしたことで集中は切れます。

 

集中が途切れる原因になりそうなものはできるだけ少なくしていきましょう。

 

 

 

 

水分摂取

 

 

水分摂取忘れてませんか?

 

水は集中するためにも大切です。

水分不足だと血液の循環が悪くなって疲労物質がうまく抜けてくれなくなるんですね。

 

疲労物質や老廃物が体にたまってくるとだるかくなったりして集中するのはむずかしくなります。

しっかりと水分補給しましょう!

 

水分と言ってもなんでもいいわけじゃなく水がノンカフェインのお茶が基本です。

ジュースは水分摂取時の水分とはいいませんよ!

 

 

 

必要ないと思っていると集中できない

 

 

今やってること「どうせ使わないしなー」とか思いながらやってませんか?

必要ないと思ってるようなことに本気なんて出せませんよね。

 

もしどれだけ考えても必要性が思いつかない場合は素直にやめちゃいましょう。

もっと興味のあることをひとつにしぼって突き詰めていくことで大きな成果を得ることができるんじゃないでしょうか。

 

興味のある事だったら本気出せるし集中しようって思えるし楽しいですよね♪

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

集中が続かない一番の原因は”興味がない”ということだと思います。

まずは今やっていることに興味を持つことを頑張ってみましょう!

 

それで興味を持つことができればいっきに集中できるようになりますよ♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 集中力