集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

勉強中のモチベーションを保つには?やる気を維持する6つの工夫

   

モチベーションを保つには

 

 

 

勉強に限らずすべてのことにおいてモチベーションはとても大切です。

仕事の場合モチベーションがものすごく低くてもやるしかないですが、勉強だとやめても生きていけるのでやめてしまう可能性まであります。

 

ですがやめてしまっては自分の目標に到達することはできませんよね。

勉強を続けるためにはある程度モチベーションを保つことが大切です。

 

今回はモチベーションを保つ方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

モチベーションを保つには

 

 

しっかりと計画をたてる

 

 

モチベーションを維持するためには計画が大切です。

 

とりあえず勉強を進めるという体制は勉強を始めて当初の「絶対資格試験受かったる!」というテンションの上がっている時はいいですが、テンションが下がってきたときに支えてくれるものがありません。

 

計画をしっかりと立てておくことでテンションが下がったときでも冷静に見ることができます。

自分が今どれくらい勉強を進めることができてるのかを知ることはモチベーション維持に効果的です。

 

予定より早く進んでたら「自分めっちゃ頑張ってる!」ってなるし、進みが遅かったら「もっと頑張らんと!」って気持ちを上げることができますよね♪

 

まずは計画です!

 

 

勉強のスケジュールはどうやって決めればいい?気を付けておきたいこと10点

 

 

 

 

 

毎日できる量を設定する

 

 

 

たいていの人はとにかくできる限りの量を詰め込んで進めようとします。

ですがこれ結構疲れるんですね。

 

仕事や学校で疲れてるのに残り時間限界まで詰め込んだら毎日疲労困憊です。

ここまで追い込まれてたらすぐに燃え尽き症候群になりますね。汗

 

毎日疲労困憊まで頑張ってしまうと精神的に辛いので勉強=辛いとなって勉強自体が嫌になってしまいます。

またちょっと予定が狂っただけでこなせなくなってしまうので多くても8割程度の量にしましょう。

 

勉強完全に初心者の場合はものすごく少ない勉強量から始めるといいでしょう。

たとえば今目指してる資格試験の参考書を毎日1ページだけ読む。とかですね!

 

1ページだったらめちゃくちゃ疲れてる日でもなんとかこなせそうですよね。

もし気分が乗ってる日は10ページぐらい進めてもいいです。

 

最初のハードルをものすごく低くすることで「自分もやればできるんだ!」って脳に思わせることで勉強のやる気をがんがん上げていきます。

 

 

 

 

記録する

 

 

勉強した内容を記録してください。

勉強時間はいらないです。

 

1日に何を何ページ進めたか?過去問何問といたか?など記録しておくんですね。

記録したことが効果を発揮するのはモチベーションが下がり始めたときです。

 

毎日勉強したことを記録しておくと結構な量になってきます。

記録しているノートとかをモチベーションが下がってきたときに見直すんですね。

 

「おー、俺結構頑張ってるじゃん。」って思えるんですよ。

半年以上とか勉強していて見直すと感動するぐらい勉強量は積み重なっています。

 

実際勉強した量が確認できるというのは効果的で「ドラゴン桜」でも成績が伸びないときに今までの勉強記録を見てモチベーションを上げるというシーンがありました。

 

勉強時間で記録していると実際どれだけ勉強できているか?がわかりません。

毎日12時間机に座ってても12時間フルで勉強時間な人はいませんよね。

 

ほぼ全員スマホを触ったりぼーっとしてる時間があるでしょう。

 

勉強記録は勉強した内容を書いておきましょう!

 

 

 

 

気分転換

 

 

気分転換は特に半年以上先の試験に向けた勉強をしているとき大切です。

 

一番簡単な気分転換は勉強場所を変えることです。

 

オススメはカフェですね!

カフェだと落ち着いた雰囲気で静かすぎずうるさすぎないですよね。

 

しかも周りの目があるので気が引き締まります。

別に周りの人が「あいつ勉強せずにスマホばっか触ってるよ。」とか思ってるわけではないんですが、なんとなく周りに人がいる方が集中しやすいので時々場所を変えてみましょう。

 

 

 

 

 

睡眠時間は削らない

 

 

勉強時間が足りない!って思ったとき一番最初に考えられるのは「睡眠時間を削る」ということだと思います。

 

でもちょっと待ってください。

睡眠時間を削るのは本当に最後の手段です。

 

たいていの場合普段起きている時間で2,3時間は用意できます。

昼休みや隙間時間を有効活用してみましょう。

 

睡眠時間を削ると初日はいいんですが徐々に寝不足で集中力が下がってきてしまいます。

そうなると結局いつもよりも勉強を終わらせるのに時間がかかってまた睡眠不足になるという悪循環です。

 

睡眠不足になると眠い状態で勉強をしないといけません。

疲れもとりきれないのできついですよね。

 

辛いとかきつい状態はどうしてもモチベーションが下がる原因になってしまうので睡眠時間はしっかりと確保しましょう。

普段10時間とか寝ている寝過ぎな場合は7,8時間の適正な睡眠時間に変えるだけで勉強時間が確保できますよね♪

 

 

 

 

妄想する

 

 

試験に合格した後のことを妄想しましょう。

資格をとってどんな仕事をしたいのか?とか将来はどんな自分になっていたいのか?年収はどれくらい?など色々と想像してみましょう。

 

ただの妄想で自分以外誰にも見られることがないのでどんな内容でもOK。

弁護士なって金持ちなるぜーとか思ってても誰にもばれないので問題なしです。

 

将来的にその気持ちが仕事にどう影響するかは別ですが。笑

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

モチベーションを保てないと勉強は続けられないと言っても過言ではありません。

常にモチベーションを上げていく方法を探してがんがん勉強を進めていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 集中力