集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

愚痴を聞くのがストレスの原因?疲れをためない7つの方法

   

愚痴 聞く ストレス

 

 

愚痴を聞く機会ってたくさんありますよね。

飲みの席だったり帰りに夕食に行ったときとかとくに食事中に聞くことが多いと思います。

 

実は愚痴を聞くのってすごいストレスになるんですね。

愚痴を聞くのが嫌いな人だけでなく愚痴聞くのって結構好きだよって人でもかなりのストレスがかかっています。

 

愚痴ってネガティブですよね。

ポジティブな愚痴なんてないです。ないはず。

 

ネガティブな言葉を聞いていると人間はネガティブになっていきます。

なのでできれば好き嫌い関係なくストレスを減らすためにも愚痴を聞く回数を減らしたいところです。

 

今回は愚痴を聞いてストレスが増えるのを防ぐ方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

愚痴を聞くのを減らすにはどうする?

 

 

聞き流す

 

愚痴を言ってくる人の話をいちいち全部しっかりと聞いていたら疲れるだけで何のメリットもありません。

こういった愚痴を言ってくる人は愚痴を聞いて欲しいだけで改善案が欲しいわけではないので、ある程度適当に返事や相槌を打っておけば満足してくれます。

 

といっても「あー、、、そうだねー。」みたいな聞いてない感丸出しの相槌では「話聞いてる!?」って突っ込まれるので軽く聞いて流しておきましょう。

 

 

 

相手を客だと思う

 

 

愚痴ってる相手をお客様だと思えばかなり気持ちは変わるはずです。

仕事上の客の愚痴だったら面倒な顔せずに聞きますよね。

 

場合によっては何か思わぬところでアイデアがひらめくかもしれません。

愚痴ってくる人との会話は相手をお客様と思って聞いてあわよくば何かアイデアの元になるようなものはないかなーと考えながら聞くことで、全く無意味な時間ではなくなるのでこちらの気持ちもかなり楽になります。

 

愚痴を聞いてると「あ、そんなトラブルあるならこういった切り口ある気がする。」みたいなアイデアがわいてくることもありますよ。

 

 

ポジティブな愚痴かネガティブな愚痴か判断する

 

 

愚痴っている人自身の行動についての愚痴はポジティブな愚痴になります。

「あんときこういうことあってさー。もっと違った行動しとけばよかったよ。」って感じの愚痴にはその人が自分に対して反省をして次に向かっての行動を決めていくために話していることなので一見全く関係ないこちらにとってもメリットはあります。

 

こういったポジティブな人を見ていると自分も頑張らないと!って思えますし愚痴られてても嫌な気にはなりません。

 

ネガティブな愚痴というのは自分以外の他人を批判したり文句ばっかり言ってるような愚痴ですね。

上司や同僚、友達や恋人の愚痴をひたすら言ってるのってこっちの気分まで滅入ってきますよね。

 

友達の愚痴とか言ってるのを聞くと「別の人の前で自分のことも言われてるのかな。」なんて思ってしまって相手に不信感を抱いてしまう可能性も。

ネガティブな愚痴が始まったらさっと話を変えてしまいましょう。

 

 

愚痴るとストレスはたまる

 

 

愚痴ってストレス解消にいいと言われていますが実はストレスがたまるんですね。

他人の悪口などのネガティブな愚痴を言っていると言ってる本人も聞いてる側も気持ちがネガティブになってしまいます。

 

愚痴を言う人って1度しか言わないわけでなく毎日でも言ってるので少しずつネガティブ思考になっていってしまうんですね。

どれだけ愚痴っても他人の行動は変えられないので改善されないんです。

 

相手の愚痴を聞いているうちに自分までネガティブになってしまって疲れがとれなくなるので気を付けましょう。

 

 

 

愚痴を聞いても愚痴は言わない

 

 

たとえ愚痴を聞かされても愚痴は言わないようにしましょう。

愚痴を言えば言うほど一瞬気持ちは晴れますが気分はネガティブになって日常にまで影響が出始めるようになります。

 

愚痴を聞きたくないときは愚痴らないと決めましょう。

相手の愚痴に対して「わかるわー!俺も~でさー」みたいに切り替えしてるとあいつと愚痴るのは楽しいと思われてどんどん愚痴ってくるようになってしまいます。

 

愚痴られてもさっと話を変えていると相手も話してこなくなるのでオススメですね!

 

 

反面教師にする

 

愚痴られたらその相手や愚痴られている人を反面教師にしてみるという方法もあります。

自分もこんな感じで家族や友人に愚痴っていないか?とか愚痴られてる相手がなんで愚痴られているのか?行動が良くないんじゃないか?といったことを考えると意外と自分にも当てはまっていることがあるんですよね。汗

 

 

そもそも愚痴る機会を作らない

 

 

どうしても愚痴なんて聞きたくないという場合は愚痴る機会を作るのをやめてしまいましょう。

飲みに行ったら絶対に愚痴ってくる人とは飲みに行かないことにすれば愚痴を聞かなくてすみます。

 

ただしこの方法をとるとその相手との関係まで崩れてしまう可能性があるので使う相手が限られているのが難点です。汗

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

愚痴を聞くことがストレスになっているのに気付いていない人が多いです。

普段から愚痴の聞き役になっている人は一度愚痴を聞く機会を減らしてみましょう。

 

どれだけ自分が愚痴で消耗しているかがわかりますよ。

ストレス対策をするよりもストレスの元である愚痴を聞く機会を減らした方がストレスは少なくなりますよ!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - ストレス解消方法