疲労回復

身体のコリを改善する8つの方法!あなたの集中力が無い理由は凝り!?

 

肩凝ってますか?

それとも首とか腰でしょうか?

 

最近は全身の様々な場所を凝ってる人が多いですよね。

仕事内容が変化したことで仕方のない部分もありますが、コリは一生付き合うものではありません。

 

改善できるならコリとはさよならしたいですよね。

今回はコリを改善する方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

身体のコリを改善して集中力を取り戻す方法

 

ストレッチする

 

ストレッチは短期的と長期的な効果の両方が見込めます。

短期的にはストレッチをすることでその時コリを少しだけマシにすることができますよね。

 

仕事や勉強をしていて首が凝ってると伸ばしたりするのは自然とストレッチしているわけです。

なので自分でも意識して凝りやすい部分をストレッチしていきましょう。

 

20分に1回ほどストレッチを取り入れていくことでかなりマシになりますよ。

長期的には作業中以外にもストレッチをして筋肉をほぐしていくことで老廃物を出してコリを改善していきます。

 

毎日お風呂上がりの筋肉が柔らかくなってるタイミングでストレッチするといいでしょう。

 

ストレッチを頻繁に行いたい個所としては

 

  • 首回り
  • 肩回り
  • 目の周り
  • お尻

 

ですね。

時間があれば全身ストレッチやりたいところですが、なかなか難しいのでこの辺りを重点的に行っていくと身体のコリはかなり改善されます。

 

実は足とお尻のストレッチも結構大切で座ってると下半身の筋肉はめちゃくちゃ凝ってるんですよ。

すると血流が悪くなり脳に酸素がうまく回らなくなるので集中力も下がってしまうというわけです。

 

仕事や勉強中のストレッチはサボりではなく集中力を最大限発揮するための休憩なのでストレッチの時間を増やしてみてください。

 

 

マッサージする

 

マッサージはセルフマッサージと整骨院のようなところでしてもらうという選択肢があります。

ただ一時しのぎというイメージが強いですね。

 

筋肉を刺激して血流を良くすることで老廃物が排出され一旦楽になりますが、慣れてきてどんどん強い力で刺激しないと効果がなくなってきます。

強い力で刺激しないといけないということはそれだけコリも強くなってしまってるということなのであまり強い力で行うのはやめた方が良いです。

 

お風呂で軽くマッサージをして上がってからストレッチという流れが効果的です。

 

 

 

姿勢改善

 

コリの原因は姿勢の悪さということも多いです。

姿勢が悪いと不自然に一部にずっと力が入ってる状態になるのでコリができやすいんですね。

 

姿勢が悪くて凝っている場合は姿勢を改善しないと一時的にマッサージやストレッチで改善してもまたすぐ凝ってしまいます。

猫背の人が肩こりや首こりになりやすいというのはこういう理由です。

 

姿勢は日常での姿勢や筋肉の付き方によって作られてるので改善するには時間がかかりますがゆっくりと改善していきたいところですね。

ちなみに姿勢を改善することで身長が大きくなったり見た目の印象が良くなるのでモテたいという場合もぜひ姿勢改善していきましょう。笑

 

猫背を改善すれば見た目は数cm伸びたように見えますし、O脚が改善されれば実際数cm伸びることがあります。

座っている間の仕組みや猫背が無意識過ぎて治せない!という場合はスタンディングデスクを使ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

座り姿勢→立ち姿勢になるので猫背を改善するのが楽ですし、足組みもしなくなりますよ。

 

 

スタンディングデスクの効果は?勉強や仕事の集中力が上がる他10の効果

 

 

筋肉を鍛える

 

これは見た目がマッチョになるような筋肉のことではなく、インナーマッスルと言われている部分のことです。

内部の筋肉なので見た目に変化はありませんが姿勢保持するにはとても大切なんですよ。

 

鍛えたい部分としては腹横筋や多裂筋、骨盤底筋群ですね。

あまり聞きなれない筋肉だと思いますが、この辺りを鍛えることで姿勢保持がとても楽になります。

 

運動するのと集中力には大きな関係があるので、コリを改善しつつ圧倒的な集中力が欲しい人はトレーニングしていきましょう。

 

 

集中力は運動で高めることができる!知っておきたい11の理由

 

 

血流を良くする

 

血流を良くすることで疲労物質は流れやすくなり代わりに酸素と栄養素が届きやすくなります。

血流が悪いと反対に疲労物質はたまりやすくなる上、冷えやすく筋肉がかたまってしまうため全身がコリやすくなってしまうんですよ。

 

身体に栄養や酸素など必要なものを送っているのは血液なので血流改善はめちゃくちゃ大切です。

そのために食生活にも意識を向けていきたいですね。

 

 

 

食事に気を付ける

 

食事に気を付けることでコリがかなり改善されることもあります。

食べ物の中には脂っこくて血液をドロドロにしてしまうものや逆に血液をサラサラにしてくれるものがありますよね。

 

こういった食べ物の特徴を知って食生活を改善して血流を良くすることでコリを改善していきましょう。

基本的に身体に良くないと言われている食べ物は血液をドロドロにするものが多いので気を付けましょう。

 

身体のコリがひどい人は油の質とか注意してほしいですがなんといっても問題なのは砂糖!

砂糖は血流を悪くするだけでなくエネルギーに変わるときに大量のビタミンやミネラルを消費してしまうため一気に栄養不足になり、コリを強めてしまうですよ。

 

勉強とか仕事に集中するには糖分が必要!と思って普段からお菓子やジュース多くなってないですか?

それが逆に集中力を下げる原因になっているかもしれないんです。

 

 

勉強の集中力を高めるのに甘いものはいらない!砂糖断ちで圧倒的な集中力を手に入れる理由

 

 

身体を動かす

 

特にデスクワークで身体が凝りやすいのは長時間同じ姿勢で同じ部分に力が入っているからです。

どこか凝ってる人って1日中動き回ってる人よりデスクワークの人の方が多いですよね。

 

20分座っていると下半身の血流は劇的に悪くなると言われています。

下半身の血流が悪くなるということはポンプも作用してくれないので全身の血流も悪くなってしまうんですね。

 

デスクワークで1日中座りっぱなしの場合でも20分に1度は立ち上がって軽くストレッチを取り入れるようにしてみましょう。

これだけでコリが改善されれば日中の集中力もかなり上がるので休憩した以上に作業は進みやすくなると思いませんか?

 

 

 

湯船にゆっくり浸かる

 

冬場はともかく夏になると暑いからシャワーだけでさっとお風呂を終わらせる人が多いと思います。

でも実は夏場も冷房で身体の芯が冷え切ってるということがあるんですね。

 

特に会社や学校で冷房に直で当たってる人は冷えまくりです。

湯船にゆっくり浸かって身体の芯まで温めることで血流が良くなりコリが改善されやすくなります。

 

また湯船にゆっくり浸かるとリラックスできますよね。

リラックスすることで副交感神経の働きが良くなるんですが、副交感神経が刺激されることで筋肉の緊張もほぐすことができるんですよ。

 

学校や会社にいると自然とある程度は交感神経が働き筋肉も緊張しているんですがこれがずっと続くとコリの原因になってしまいます。

1日の終わりにはゆっくり湯船につかってリラックスしましょう。

 

 

 

まとめ:コリの改善で集中力を取り戻そう!

 

コリが改善されればかなり気持ちは楽になりますよね。

気持ちが楽になることで今の作業に対してもがっつり集中することができるので、勉強や仕事に集中できないしどこかが凝ってるという人はコリの改善に目を向けてみましょう。

 

あなたが思ってる以上にコリが集中力に影響を与えているかもしれませんよ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。