集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

誘惑に負けない10の方法!工夫をすればどんどん意志は強くなる!?

   

誘惑に負けない

 

 

勉強しようと思ってるのについテレビやゲームで勉強できない。

始めてもすぐにスマホを取りだしてみてしまう。

 

そんな状態になったことはありませんか?

人によっては仕事中もスマホが気になって全然集中できていないという人もいるでしょう。

 

そんな様々な誘惑も工夫をすればどんどん打ち勝つことができるようになります。

今回は誘惑に負けない方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

誘惑に負けない方法

 

記録をつける

 

 

あなたが誘惑に負けるときの原因はたいてい決まっています。

でもなんとなくわかっているだけではダメで実は予想外の行動の結果誘惑に負けていることもあるんですね。

 

なので誘惑に負ける前の行動を記録してみましょう。

そうすれば「朝食に甘いものを食べた日は1日中甘いものが欲しくなる」とか「家についてゲームをしてしまったらもうやる気がなくなって勉強はできなくなる」というように誘惑に負けてやるべきことを放棄したタイミングが見えてくるんですよ。

 

原因がわかれば「朝食には絶対甘いものを食べない」とか「帰宅前にカフェで勉強するか帰宅後は休憩を入れずに勉強を始める」みたいな感じで対策ができます。

 

 

 

 

周りに協力してもらう

 

 

人生で周りの人たちというのはものすごく影響が強いですよね。

なので可能な範囲でしっかりと協力してもらいましょう。

 

ダイエット中ならダイエット宣言をしてお菓子をもらわないようにしたり、ジュースや高カロリーの食べ物を買いそうになったら言ってもらうとか家族にはお弁当を用意してもらうことなど色々工夫ができます。

勉強したいなら帰宅後1時間だけ一人の時間をもらうとかするだけでもかなり効果的です。

 

周りが理解してくれないとお菓子をたくさんくれたり、勉強の邪魔になることを無意識でしてしまうことが多くなるので身近な人には協力を頼みましょう。

 

 

 

 

どうにでもなれ効果を避ける

 

 

どうにでもなれ効果とはダイエット中なのにケーキを少し食べてしまって「今日だけはもう食べちゃったしいっぱい食べてもいいや!」と思ったり、勉強中にゲームを5分だけしようと思ったら「休憩も大切だよな!今日は休憩日にして思う存分ゲームしよう」と思ったりすることです。

誰でも経験のあることだと思います。

 

どうにでもなれ効果に対処するためには長期的な目標を持ったり失敗を修正できた日を数えてみるといいでしょう。

ダイエットだとしっかりと食事制限できた日や勉強だとゲームとかの誘惑に負けず勉強できた日を数えます。

 

失敗してしまった日を数えると自分が失敗ばかりしているように思ってしまって自信もなくなりどうにでも効果に拍車がかかるので気を付けましょう。

 

 

 

 

自分を定期的に甘やかす

 

 

すべての人間は自分に甘やかされることで伸びるタイプだそうです。

他人にけなされて伸びるタイプや褒められて伸びるタイプがいますが自分には甘やかされると伸びる以外はいないようです。

 

なので何かしらの目標を達成したいときはスケジュールをびっしり詰めるてギリギリの闘いをするより、あらかじめ予定として自分を甘やかす日を作っておくといいでしょう。

 

週5日の勉強予定ならあえて週4日にして1日休憩したり午前中の勉強だけにして帰宅後は勉強しないようにしたり。

ただし甘えの部分はあらかじめ決めて予定としておかないと単なる失敗になってしまってモチベーションの低下につながるので、突発的に「今日はやる気が出ないからやめとこう」というのはなしです。

 

 

 

捨てる

 

 

あるから誘惑に負けてしまうのであってなければそもそも誘惑なんてないですよね。

部屋にテレビがあって観てしまうから勉強できないならテレビを部屋からなくすか捨てればOKです。

 

ゲームしてしまうならスマホアプリをアンインストールすればいいですよね。

スマホゲームはたいてい引き継ぎができるので引き継ぎ設定してアンインストールすれば目標達成した後もう一度途中から始めることもできます。

 

目標達成までの一定期間だけでもできない状況を作っておくとぐっと集中力は上がります。

誘惑の原因になるようなものは目に入らず簡単には出せないようにしておけばかなり誘惑は減りますよ。

 

 

 

 

糖質をとる

 

 

これは新しい習慣を作るときには特に有効だと思われます。

できるだけ健康的な糖質をとって血糖値をある程度高めることで意志力が高まり、遊びたいサボりたいという誘惑に勝ちやすい状態にすることができるんですね。

 

新しいことも習慣化してしまえばやらないと気持ち悪くなるので慣れるまでは糖質を摂ってから始めるというのもいいでしょう。

ただし砂糖とかの質の良くないものは体調を崩す原因になりますし摂りすぎは太るので気をつけましょう!

 

 

 

 

朝を有効活用する

 

 

朝一は1日の中でもっとも疲れが少なく意志力が一番強い時間帯です。

なので勉強や運動を始めたいとおもったときはまず早朝に始めるといいでしょう。

 

意志力が余っている上まだみんな寝てるし面白い番組もしてなくて邪魔も入りにくい時間帯なのでオススメです。

 

 

勉強習慣は早朝につける!人生を変える朝勉強の9つのメリット

 

 

 

 

代わりの行動を作る

 

 

何かをやめたいと思ったときその行動をやめるだけというのは難しいんですね。

たとえば喫煙は喫煙者にとっては大きなストレス解消法になっているので、他のストレス解消法を用意せずに禁煙するとどんどんストレスがたまり結局吸ってしまうことになることが多いです。

 

ストレスがたまるなら他の解消法、口寂しいならアメやガムを使うといった感じで誘惑に負けないようにしていくといいですね。

 

 

 

 

一つずつ習慣化する

 

 

意志力は1日で使える量が決まっています。

なので1度に2つ以上のことを始めたりやめたりすると意志力が分散されてしまってどちらも中途半端ということになりかねないんですよ。汗

 

サボりたいやりたいという誘惑に勝つためにはひとつずつ習慣になるように行動してきます。

結局その方が最初は遅く感じられますが挫折のリスクを減らせるので最終的に短時間で2つ以上のことを続けられるようになる可能性が高まります。

 

ダイエットと禁煙と勉強を同時進行して結局全部やめたという経験がある人もいるんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

睡眠時間をしっかりとる

 

 

睡眠不足が続くと意志の力はどんどん弱くなっていくと言われています。

休日にしっかり寝た後の月曜は「よっしゃ!今日も勉強頑張ろう」って思うけど週末の金曜になると「今日はもう疲れてるし明日は休日だから明日にまとめてやろうかな」といった感じになってませんか?

 

これは疲れがたまってるのもありますが睡眠不足で意志力が低下している証拠でもあります。

睡眠時間をしっかりとると言っても質も良くないといけません。

 

8時間寝たとしても睡眠の質が良くないとしっかり眠れたとは言えないので、睡眠時間を増やしていくと同時に質も高めていくといいですね。

 

 

睡眠不足を解消するには?今日からできる睡眠時間確保の5つの方法

 

 

 

 

まとめ

 

 

誘惑に負けないためにはたくさんの工夫が必要になってきます。

ただその工夫もひとつ増やすだけで誘惑には負けにくい状態に近づいていくのでできそうな方法からひとつずつ取り入れていってみましょう。

 

 

意志力を高めたい方は「意志が弱いから勉強が続かない?じゃあ意志力を高めてしまおう!」を合わせて読んでみてください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 勉強のやる気を出す方法, 集中力