集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

筋トレでクレアチンを飲み始めたら集中力も上がった話

   

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a2%e3%83%81%e3%83%b3%e3%80%80%e9%9b%86%e4%b8%ad%e5%8a%9b

 

 

僕は普段筋トレを習慣的に行っているんですが最近クレアチンというサプリメントを摂りはじめたんですね。

そうすると予想もしていなかった効果と言いますか「朝起きた時点でのやる気のベースラインが高くなり仕事中の集中力も上がった」という状態になったんですね。

 

筋トレの効果を高めるために始めたサプリなんですが集中力アップにも効果があったわけです。

今回はクレアチンで集中力が高まった理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

クレアチンで集中力が高まる理由

 

テストステロン値が高まる

 

 

テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、男女関係なくやる気や集中力を高めるためには必要なホルモンです。

現代人は運動不足や睡眠不足、電子機器の発達など様々な理由でテストステロンは減っているんですね。

 

男になよっぽい人が増えたのはテストステロン不足も一部の原因だと思います。

クレアチンを習慣的に摂取することでテストステロンのベースが高まるため筋トレだけでなく仕事や勉強でも集中力を高めることができます。

 

筋トレと同時にクレアチン摂取することで14%ほどテストステロンのベースラインを上げられるようです。

 

 

テストステロンを高めれば集中力が上がる!集中力を一段高いレベルに持っていく方法

 

 

 

クレアチンは脳にも作用する

 

 

クレアチンが筋トレに効果がある理由はATP(アデノシン三リン酸)という体のエネルギー源を作り出すからです。

もちろんATPは脳内でも使われるのでクレアチンを摂取してATPが増えることで脳の働きも良くなるかもしれないってことですね。

 

うつっぽく気分が落ち込んでいる人にとっては気分を良くする作用もあるため、最近ずっと気分がすぐれないという人でも使えるでしょう。

 

 

 

 

コルチゾールの増加をかなり抑えてくれる

 

 

コルチゾールはある程度必要なものですが現在は過多な人が多い状況です。

肉体的、精神的なストレスがかかることでコルチゾールは高まるので、仕事のストレスがたまりすぎた結果コルチゾール過多な人は多いのです。

 

コルチゾールが多すぎるとテストステロンの減少、筋肉分解、集中力低下、睡眠の質低下などにつながります。

クレアチンはコルチゾールを抑えることで今挙げたダメージを減らすことができるので集中力を高めることができるんですね。

 

 

 

睡眠の質が高まる

 

 

個人的にはめちゃくちゃ大事だと思ってるのが睡眠の質です。

睡眠の質が低いとしっかり眠ったのに疲れがとれず集中できないということが起きますよね。

 

睡眠の質はコルチゾールを減らすことで高めることができますが、コルチゾール値が高い状態だと自律神経はバランスを崩し寝付きにくくなってしまいます。

またコルチゾールには覚醒作用があるため余計に寝付きにくく寝ても睡眠が浅い状態になってしまうんですね。

 

 

 

 

老化を防ぐ

 

 

クレアチンには抗糖化作用があるそうです。

集中力に関係あるのは見た目の老化ではなく脳の老化です。

 

クレアチンが老化物質のAGEsの発生を抑えてくれることで脳の老化は遅くなり、長い期間若々しい脳を維持することができるようになるんですね。

衰えた脳では集中できるはずがないのでアンチエイジングも大切な集中力を高める方法になります。

 

 

 

 

クレアチンの飲み方

 

 

クレアチンは毎日5gずつ飲むと効果を期待できます。

毎日5g飲むことと1ケ月ほどで体内のクレアチンレベルはMAXになりますが、効果自体は早ければ翌日からわかる人もいるようです。

 

僕の場合も3日目あたりからは効果を感じることができました。

オフ期(クレアチンを飲まない期間)が必要と言われていますがそれは超大量に飲んだ場合であって1日5gの摂取量を維持すればオフ期は必要ありません。

 

というか1日5g程度でクレアチンの効果は頭打ちなようなのでそれ以上飲むメリットは今のところないでしょう。

 

 

 

小分けで飲むと良い

 

 

人によっては一気に5g摂取するとお腹がゆるくなって下痢になるようです。

もしクレアチンでお腹が緩くなる場合は5g一気に飲むのではなく2.5gずつ2回に分けて飲むといいですね。

 

 

 

タイミング

 

 

せっかくクレアチンを飲むなら出来る限り吸収を良くしたいところですよね。

クレアチンは糖質と一緒に取ることで吸収を良くすることができるので、食後に水に溶かして飲むといいでしょう。

 

ちょっと溶けにくいので気合いで溶かします。

食後以外なら糖質の入ってるスポーツドリンクなどと一緒に飲めばOKです。

 

僕は筋トレ後のプロテインに混ぜて飲んでいますが。笑

 

 

 

 

僕が使っているクレアチン

 

 

僕はNOWFoods社のクレアチンを使っています。

 

 

1日5gというのは家にあるティースプーンにこぼれない程度の山盛り1杯程度ですね。

2回に分けて飲む場合は1回分は当然半分になります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

クレアチンは筋トレをしているとサプリで摂っているという人は結構いますが実は集中力を高めるためにも利用できます。

普段の食事からだと肉や魚から摂れるんですが量が足りていないんですね。

 

 

500gの肉で焼いた場合は2gちょっとしか取れないので毎日1kgは食べないといけないんですね。汗

なのでクレアチンの効果をしっかりと得たい場合はサプリメントを使う方が良いでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - 集中力