集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

集中力は食事によって変わる!?食べ物を意識して集中する8つの方法

   

集中力は食事で変わる

 

 

集中力って本当に様々なことが影響して極限まで上がったりめちゃくちゃ下がったりします。

でもできるだけ少ない下げ幅でできるだけ上げていきたいですよね。

 

常に集中力MAXというわけにはいきませんが自分で高い状態をできるだけキープすることができます。

集中力を高める方法のひとつとして”食事”もめちゃくちゃ大切なんですね。

 

今回は食事を変えて集中力を上げる方法について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

集中力を上げる食事方法

 

腹8分目

 

 

お腹いっぱいになると集中力は劇的に下がります。

食後は眠くなると思いますが理由のひとつは消化ですね。

 

消化をするためには胃へ血液をたくさん送らないといけません。

胃に血液が運ばれるため脳への血流が減ってしまうんですね。

 

血流が減ると酸素が行きにくくなって眠くなるんですよ。

昼食後めちゃくちゃ眠くなる理由は脳の酸欠というのもあるんです。

 

 

 

食べなさすぎも良くない

 

 

腹八分目がいいと言って「じゃあ食べなければいい。」と思った人は要注意です。

食べなさすぎも集中力が下がってしまうんですね。

 

食べないと身体の調子を整えてくれる栄養バランスがどんどん偏ってきます。

体調が悪い状態で集中力を上げるのは不可能です。

 

多少集中することはできるかもしれませんが、最高のパフォーマンスを発揮することはできないでしょう。

 

また脳のエネルギーとして糖質が大切になってきます。

食べないと糖質も当然得ることができませんよね。

 

集中力が下がってきたり疲れてきたときに、チョコや飴を食べるといいと言われるのは糖分を摂取できるからです。

食べ過ぎず食べなさすぎでない腹八分目を守ってしっかりと栄養バランスを整えていきましょう!

 

 

 

コーヒーより紅茶を飲む

 

 

コーヒーも紅茶もカフェインを含んでいて一時的に疲れを忘れさせてくれます。

日常的にコーヒーを飲んでいる人は夜帰宅してカフェインの効果が切れたころにどっと疲れが出てくる経験があるんじゃないでしょうか。

 

僕も昼間はコーヒーを飲んで作業していますが、夕食が終わった頃からは疲れが出過ぎて何もやる気になりません。

 

短期間の集中力じゃなく一日の集中力を上げたい場合はコーヒーよりも紅茶をオススメします。

紅茶のカフェインはコーヒーに比べて効果がゆるやかに作用するんですね。

 

また紅茶にはテアニンという物質が含まれています。

テアニンはリラックス作用もあるのでストレスがたまっているときや、ちょっと仕事が行き詰っているというときのリフレッシュもしてくれるんですね。

 

毎日飲む場合は紅茶がいいでしょう。

 

 

 

低GI値の食事を摂る

 

 

GI値の高い食事はインスリンの分泌量を増やし、食後の眠気の原因になります。

眠くなる食事ってパンとかお米、ケーキなどのお菓子類を食べたときだと思います。

 

インスリンが過剰分泌されてた後血糖値が下がると人間は眠くなるんですね。

ですが低GI値の食事を摂って血糖値をゆるやかに上げるようにすると、眠気がマシになったりもしくはこなかったりします。

 

と言ってもパンやお米は食べたい場合もありますよね。

そういう場合は食事前に低GI値の食べ物を少し食べることで平均のGI値を減らすことができ、眠気もましになります。

 

僕の場合は毎食食べる10分ほど前にアーモンドを3~5粒食べるようにしています。

アーモンドはGI値が低い上ビタミンEが豊富で栄養バランスを整えるためにも使えるのでめちゃくちゃ頼ってます。

 

ヨーグルトなどでもいいですね♪

 

 

 

 

炭水化物を減らす

 

 

炭水化物はGI値が高いものが多いです。

なので本気で集中したいときはできるだけ炭水化物の量を減らしてみましょう。

 

たとえば試験本番の日は昼食を低炭水化物にしてみるとかですね。

食後1時間程度で次の試験が始まると思います。

 

ということは消化している最中なうえ、GI値の高い食品を摂っていると眠気も来てしまうんですね。

我慢できるレベルの眠気でもスッキリしている状態に比べると格段に集中力が上がってしまっています。

 

炭水化物は朝と夜にしっかり摂るというふうに決めておくといいかもしれませんね♪

 

 

 

 

疲れを取る食事にする

 

 

疲れがたまってきては集中できません。

一日だけめちゃくちゃ集中できても次の日全然集中できなかったら意味ないですよね。

 

継続的に集中していける状態を作ることが大切です。

そのために食事内容には常に気を使ってみましょう。

 

疲れがとれる食事とはタンパク質や糖質はもちろん、ビタミンやミネラルの多い食事を摂るといいですね!

野菜や納豆、豆腐などの豆類を多く摂るものいいですよ♪

 

 

 

水分を摂る

 

 

勉強をしているときに忘れがちなのが水分摂取です。

水飲んでますか?

 

水分摂取が大切なのは何もスポーツ選手だけじゃありません。

人間が活動するためには水分は大切なんですよ。

 

以前も書いたように水分不足の状態だと集中力が下がります。

ただ集中力が下がるだけだったらましですが、肩こりなどで頭痛が起きてしまうとやる気もなくなりますよね。汗

 

しっかりと水を飲んでいきましょう!

 

 

集中力を瞬時に高めるには飲み物で?6つのドリンクを紹介!

 

 

 

 

集中を妨げるものを食べない

 

 

食品添加物などの集中力を下げるものはできる限り食べないようにしましょう。

加工された食品には様々な添加物が入っています。

 

食べた瞬間にモチベーションと集中力ダウンってことにはなりませんが、毎日食べているとだんだん体がだるくなってきたりします。

最近どうも疲れがとれないとか集中できない人は、コンビニ食が多くなっていませんか?

 

コンビニの弁当は腐らないように防腐剤が入っていたり、ジュースだったら着色料などどう考えても身体には必要のないものが入っています。

 

実家暮らしなら弁当を作ってもらうのもよし、一人暮らしならせめておにぎりを作るなど自炊してみるといいでしょう。

食費も安くなって節約にもなりますよ。笑

 

 

 

 

時間別の食事内容

 

 

僕がオススメするのは食事の内容をある程度時間帯によって決めることです。

毎日絶対にコレ!って完全に固定するわけではないので、結構簡単に取り入れることができると思います。

 

 

朝食

 

 

一日の始まりなのでがっつり食べましょう!

 

ほとんどの場合朝食後に用意をしたり、通学通勤などの移動時間があると思います。

なのでその間に消化されるため多少食べ過ぎてもいきなり眠いということはないです。

 

朝に一日のエネルギーを確保するぐらいの勢いで食べてもいいと思います。

 

 

 

 

昼食

 

 

昼食は食後の眠気を少しでも減らすために控えめにします。

 

がっつり食べたい場合は野菜や肉類を多めにして低GI値を意識した食事内容にするといいでしょう。

僕の場合は昼から体が重いのは嫌なので、昼食は肉類を多めに乳製品などを摂るようにしています。

 

普通に米やパンも食べる場合は食後すぐ昼寝をすることで眠気が来なくし、朝の疲れもとれてすっきりするのでオススメです♪

 

 

 

 

夕食

 

 

夕食はかなり軽くしていきましょう。

ほとんどの人は朝食少なめ、昼食は普通で夕食がっつりだと思います。

 

ですが夕食ってそこまで量必要ないんですね。

もう後は寝るだけですし、仕事があるにしてもそこまで長時間作業することはありません。

 

また胃に食べ物が残ってる状態で睡眠に入ると睡眠の質がものすごく下がってしまって次の日以降の集中力が下がってしまいます。

できるだけ夕食は軽くしていくようにしてみましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

食事内容を変えるのは結構むずかしいことです。

ですがちょっと変えるだけで集中力がものすごく上がることもあるので、変えて損はないでしょう。

 

あまり気が乗らないなーという人は資格試験や目標の日まで食事を変えるという短期間でもいいでしょう。

3か月後に資格試験があるならそれまでは食事にも気を遣ってみるとかなり集中力を高めることができますよ♪

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 - 集中力