集中力を劇的に上げて生活を楽しく

このブログでは集中力を上げる方法について書いています。集中力を上げて短期間でどんどん成果を上げていきましょう。

頭が良くなる7つの方法!着替えるのはめちゃくちゃ大切だった!?

      2015/05/05

集中力 着替え

 

 

頭良くなりたいですよね。

どうせやるなら賢くなりたい。

 

頭がいいって言っても色々あります。

 

勉強がもっとできるようになりたい

仕事をもっと効率よくしたい

 

 

今回は頭が良くなる方法について考えてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

頭が良くなる方法

 

 

 

勉強する

 

 

当たり前の話ですよね。笑

 

勉強をなにもせずに頭が良くなることはありません。

ただ勉強と言って気を付けてほしいのは机の上で何かを読んだり書いたりすることだけが勉強じゃないということ。

 

どこかに新しい経験をしに行ったり今までの経験から工夫して何を得ようとするのも勉強です。

自分が成長したいと思う気持ちなしには頭が良くなることはないのでしっかり勉強しましょう♪

 

何か勉強したい!って思ったらまずはひとつを極めるぐらいの勢いで勉強するのがオススメ。

いっきに2,3と同時に始めると知識がばらばらになって混乱したり、時間をぶんぱいしないといけないのでひとつずつ始める方がいいです。

 

毎日3時間しか使えないのに3つ始めたら1つにつき1時間しか使えないことになります。

これじゃあなかなか成長できないですよね。

 

最初は一つのことをどんどん学びましょう♪

 

 

 

 

 

運動する

 

 

意外と思うかもしれませんが運動と頭の良さはかなり関係があるんです。

 

学生のころ学年でトップクラスの学力の人って部活してる人が多かったと思いませんか?

逆に帰宅部ですぐ家に帰ってる人でもそこまで賢くない人は多かったはず。

 

運動していると頭が良くなるという研究結果もあるんですね。

 

走る→脳下垂体から成長ホルモンが出る→肝臓からIGF1(インスリン様成長因子)という成長ホルモンを助けるホルモンが分泌される→IGF1が脳内へ入り、大脳皮質、海馬、小脳、脊髄などの神経細胞の核に入る→DNAに働きかけメッセンジャーRNAが作られる→脳の中でBDNF(脳由来の神経栄養因子)が生成される。

 

こういうことだそうですが難しいので僕もよくわかりません。笑

 

簡単に言うと走ったら脳細胞が活性化して頭が良くなるということですね♪

 

歩くよりも走った方が効果的です。

運動をすると勉強のストレスも解消できるし、凝りがほぐれてスッキリするのでかなりいいですよ!

 

 

 

 

 

栄養をしっかりとる

 

 

栄養不足では頭が良くなるために効率が悪すぎます。

 

脳が働くためには糖が必要になります。

不足していると集中力が欠けて全然頭が回転しなくなるんですね。

 

ある程度糖分はしっかりととりましょう。

 

ただ砂糖などの吸収が早い糖質を摂るとインスリンがたくさん分泌され眠気に襲われたり太る原因になってしまうので注意が必要です。

 

砂糖は冷え性の原因にもなります。

冷え性は血流が悪くなって酸素や栄養素の回りが悪くなってしまうので気を付けましょうね。汗

 

糖質をとるにはハチミツが糖分以外にミネラルも補えるので良いです。

一日に必要な分をはちみつでは補いないですけど。笑

 

 

 

 

質の良い睡眠をとる

 

 

睡眠も集中力を保つためにはとても大切です。

同じことをしても集中できた方が短時間でたくさんのことを覚えられますよね。

 

睡眠はただ長時間とればいいってわけではなく質もめちゃくちゃ大切です。

質の良い睡眠をとる工夫をしていきましょう。

 

といってもある程度の睡眠時間は必要。

 

1日で覚えたことは寝ている時に定着していきます。

なので覚えたことをしっかりと定着させるために睡眠時間もしっかりと確保していきましょう♪

 

睡眠の質は寝る前にスマホやパソコンを触っていると劇的に落ちます。

できるだけ寝る前には触らないようにしましょう。

 

LINEとかは朝返せば充分。

 

 

 

 

休憩をはさむ

 

 

休憩をはさむことで作業に対する集中力を最大まで維持することができます。

 

休憩を挟まずに作業をするとダラダラして全然頭に入ってないですよね。

 

自分で時間を決めて勉強しましょう。

時間を決めるだけでも今までよりはるかに勉強効率は良くなっていきますよ♪

 

 

パーキンソンの法則をうまく使って集中力を劇的にアップ!?

 

 

 

 

 

集中できる環境を作る

 

 

環境はとても大切です。

 

周りがうるさかったり頻繁に話しかけられるような場所じゃ集中できませんよね。

東大に行く人はリビングで勉強していることが多いらしいですがそれは周りの人の協力もあってこそなんです。

 

リビングで勉強してるからって何回も話しかけられたら集中できないくて勉強も頭に入ってきません。

自室がなくても少しずつ工夫していきましょう。

 

オススメとしてはカフェでゆっくりコーヒー飲みながらがリラックスもできていいと思います♪

 

 

家で勉強できない!?家で勉強するときに集中力を上げる12の方法

 

 

 

 

着替える

 

 

休みの日でもパジャマから着替えて勉強しましょう。

 

着替えるというのは思った以上に大切なことです。

寝間着だと全然気合入らないですよね?

 

公式なところにいくときしっかりとスーツを着ていくのは

何故かわかりますか?

 

もちろんそういった場面では清潔な服装という意味もありますが気合を入れるためでもあるんですね。

 

実際寝間着のままで勉強するより着替えた方が集中力も上がります。

寝間着はリラックスして寝るための服です。

 

そんな状態じゃ集中して勉強なんかできませんよね。笑

家で勉強するときでも外出するとき、彼女とデートに行くときぐらい気合いれましょう。

 

服装に気合を入れればそれだけで勉強にも気合入りますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

学力が高ければ頭がいいというわけではありません。

色々なことを勉強してどんどん賢くなっていきましょう♪

 

勉強を続けていくためにも集中できる状態を知っていくというのは大切ですよね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 - 集中力