食事

血糖値を上げる食べ物を減らして集中力を維持しよう!

 

昼食後食べたらやってくる強烈な眠気。

毎日午後は眠気とのバトルから始まっていませんか?

 

そういうあなたは食事方法を変えた方が良いでしょう。

食事によって血糖値が高くなっているのが眠気の原因だからです。

 

食事を変えて血糖値を上げにくくすればそれだけ午後の眠気はましになりますよ!

今回は血糖値と眠気について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

血糖値と眠気の関係は?

 

食後には必ず血糖値が高くなります。

このときにインスリンが分泌されて血糖値を元に戻すために働いてくれるんですね。

 

血糖値がいっきに高くなればその分インスリンの量も増えてしまっていっきに元に戻します。

このときちょっと勢い余って元よりも低い状態になってしまうのが食後低血糖と言う状態です。

 

この食後低血糖になると眠気が引き起こされるんですね。

 

食後は胃に血液が回るためちょっと眠気が襲ってきますが1時間ほどたった2時を過ぎた辺りに強烈に眠気が来ると思います。

 

このときに食後低血糖状態になっているんです。

食後低血糖はある程度防ぐことができます。

 

食事内容を変えることで眠気がマシになったり場合によっては全然こなくなったりするんですね!

昼食後の眠気がこなくなれば昼からの集中力は本当に段違いなので1日の生産性はいっきに高まります。

 

 

 

高GIの食べ物は血糖値をあげやすい

 

血糖値はGI値が高い方が早く高くなります。

ということはそれだけ眠気も引き起こされやすいってことです。

 

GI値とはブドウ糖を100とした場合にどれだけ吸収されやすいかということを示しているものです。

 

高GI値の食べ物には

 

  • 白米
  • 食パン
  • ラーメン
  • パスタ
  • じゃがいも
  • かぼちゃ

 

などたくさんあります。

 

昼食にラーメンとか丼で大盛りとか食べたら眠くなるのは当たり前ですよね。汗

 

野菜は基本的にGI値が低いものが多いですがじゃがいもやかぼちゃのように高めのものもあるので注意しましょう。

 

お菓子とかケーキなど甘いものは砂糖がたくさん含まれているので当然GI値は高いです。

 

ちなみに白米はGI値が84もありますが、玄米だと56まで下がります。

他にも雑穀を入れるだけでも下がるのでどうしても飯には米必須!って人は血糖値が上がりにくくなるように工夫してみましょう。

 

他にもうどんやラーメンはGI値高いですが、そば50台と比較的低くなるので食べる種類を変えるだけでも食後の眠気やだるさは全然違ってきますよ。

 

 

 

血糖値を上げない方法

 

といっても毎日GIのことばかり考えて食事をするのも難しいでしょう。

そういったときは血糖値をできるだけ上げない方法を活用してみてください。

 

 

運動する

 

 

運動をすることで血液中の糖を使うことができて血糖値の上昇を防ぐことができます。

食べてすぐはきついので30~60分経ってから行いましょう。

 

仕事中でできないという場合は座ったままでもできる運動をしたり、昼から外回りの予定を入れてみるのもいいですね!

 

 

 

腹8分目ですませる

 

 

食べ過ぎは血糖値を上げてしまいます。

食べたいものをお腹いっぱいにならないように食べるのが、昼からの集中力アップのコツですね!

 

 

 

ゆっくり食べる

 

同じ物を食べる場合でも早く食べてしまうと思った以上に量を食べてしまいます。

またゆっくり食べたときよりも血糖値が激しく上昇するのでゆっくり食べるようにしましょう。

 

ゆっくり食べるときはスマホとかあまりみない方がいいですね。

”ながら喰い”をしているといつのまにかパクパク食べてしまって結構な早食いをしてることも多いのです。

 

 

食べる順番を変える

 

GI値の低いものから食べることで血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。

基本的には野菜類→脂質→タンパク質→炭水化物の順番です。

 

ですがさっきも言ったように野菜の中にもGI値が高いものがあるので低GI値だと思ってたら実は高かったということには気を付けましょう。

順番に食べるので野菜から間食していくことになります

 

 

 

 

レジスタントスターチを取り入れる

 

レジスタントスターチとは難消化性デンプンといって吸収されにくい糖質のことです。

これは白米に含まれていますがただ白米を食べるだけではダメなんですね。

 

一回温かくなったものが冷えたときにできます。

なので丼を食べるよりおにぎりを食べるといいでしょう。

 

レジスタントスターチは吸収されにくいためGI値も低くなりますし、ダイエットにも効果的です。

おにぎりダイエットはこのための方法でしょう。

 

 

 

昼食は食べない!

 

 

そもそも昼食を食べなければ血糖値は上がりません。

僕も試験のときとか今日はがっつり集中していきたいなと思ったときは昼食の時間を4時とか5時まで送らせて食べてましたね。

 

そうすると軽い空腹感はありますが、いつもよりもはるかに集中することができます

世界でもトップレベルの社長とかの中には1日1食という人も結構多いようです。

 

食事で集中力を持っていかれるので良くわかってるんですね!

 

 

間食したいとき意外と使えるのがチョコレート!

 

チョコレートって甘くて砂糖入ってるからGI値も高いんだろうなーって思いますよね。

 

正解です!

 

でもみんな知ってるようにチョコレートにも種類があります。

 

ホワイトチョコとかコンビニでメインに売ってるあまーいチョコレートは砂糖が大量に入っていてあまり食べない方がいいでしょう。

 

おすすめなのはカカオ70%以上のダークチョコレート。

 

普通のチョコが90ぐらいに対してダークチョコは25とかなので間食にものすごく使いやすいんです。

 

 

集中して勉強するなら高カカオのチョコレート!得られる8つの効果!

 

 

GI値よりもGL値を気にした方が良い!?

 

ここ最近海外の健康志向な人の中で広がりを見せている考え方にGL値というものがあります。

 

これはGI値と炭水化物量をかけて計算する方式で

 

炭水化物量×GI値÷100で計算できます。

 

この値が低ければ低いほど血糖値は上がりにくく無駄な眠気やだるさに襲われることも減るんですね。

 

食べ物自体に含まれている糖質が少なければGI値は高くてもGL値は低くなる傾向にあります。

 

ダイエッターや健康志向の人に広がりを見せている考え方ですが、1日高い集中力を維持したいと考えている人にも十分使えるでしょう。

 

 

まとめ:安定した集中力を手に入れるために血糖値の乱高下を抑えよう

 

血糖値を安定させることができれば眠気に襲われることも少なくなり昼からは集中力全開で作業することができます。

 

学生時代昼食後の5限目は寝てたという人も多いでしょうが、これからはしっかりと集中して作業できるように昼食をコントロールしていきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。